世田谷区立駒留中学校校歌直筆譜の贈呈

久しぶりに学校の校歌の譜面をお届けする機会に巡り合いました。
自宅からほどないところにあるバス停に行き、世田谷区方面に行くバスに乗車、2~30分で目的地のバス停に到着しました。バスなのでかなり保険をかけて早めに家を出たのですが、思ったよりもスムーズに行き、多少時間が出来たので目指す駒留中学校の近隣にあった「世田谷観音」という仏閣にちょっと立ち寄りました。閑静な住宅街にある中でもさらに静かな佇まいを持った癒されるスポットでした。が、近くから若くて大きな声が響いてきました。
そうなのです。今日お邪魔する駒留中学校は「運動会」当日であり、閉会式で校歌も歌われるので校長先生の計らいで「そのタイミングで是非」とのご招待を受けました。
世田谷観音からすぐに駒留中学校があり、おりしも閉会式に入ろうとしていたタイミングでした。来賓席に招かれ、校長先生と御挨拶しちょっと気後れしながら着席しました。
思えば「運動会」の来賓席なぞ生徒の頃から自分には無縁の場所と思っていたので、非常に落ち着きにくい気持ちの中で校長先生から丁重なご紹介を受けながら校歌を拝聴しました。
どうも生徒の皆さんには事前に訪問の話が伝わっていたらしく「しっかり歌え」的なプレッシャーがかかっていたらしいのですが、そんなことをあまり感じさせずとても元気が良くのびのびとした気持ちの良い歌声を3番まで聞くことができ、大変感動しました。

運動会終了後校長室で譜面をお渡しし、同窓会長様も同席して頂きささやかながら談話させていただきました。この土地は周囲に集合住宅が少なく、この学校出身者が引き続き居住してそのお子様も同じ学校に通っている方も少なくないという、東京23区では独特な環境である事もお聞きしました。
その後会長様が近くのバス停まで送っていただくことになったのですが、何と学校に来る前に立寄った「世田谷観音」の執事様でいらっしゃり、再度観音様に立ち寄りもう一度癒されて帰途につきました。

校長先生、同窓会会長様、本当にありがとうございました。

校歌35駒留中学校01 校歌35駒留中学校02

今回は私のスマホで撮った世田谷観音の写真も掲載します。

Jpeg

館長

1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                    
1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)       
同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                 
2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                 
現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です