服部正 作品 (戦前マンドリン編)

服部正がマンドリンを始めたきっかけは銀行員の父が余暇に楽しむために持っていたマンドリンという楽器に関心を持った事であり、中学校のころ、と自著では書かれています。
比較的残されたオリジナル作品はそれほど膨大というわけではありませんが、代表的なもの、歴史的なものについてご紹介します。
(それぞれのページに飛ぶことが出来ます。)

1926年頃  恒青行進曲
1929年9月  前奏曲
1933年8月  絵本街景色
1931年8月  迦樓羅面-雅楽を基調とせる舞曲
1941年頃  「次郎物語」セレクシオン
1943年   海の組曲

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です