トン坊の子守歌(復刻挑戦!)

前回「ヤン坊ニン坊トン坊」のテーマ音楽をお届け致しました。
今回は比較的人気の高い「トン坊の子守歌」をお届けします。
この曲は「トン坊が、自分が寝るときに誰も歌ってくれないので、自分で歌う子守歌」ということらしく、黒柳徹子さんの自著「トットチャンネル」にも書かれていました。
一昨年前に放映された「黒柳徹子のコドモノクニ」でもこの部分に触れて頂き、黒柳さんお気に入りの曲として「 トットが、とても気に入ったのは、小さいトン坊が、ねるとき、誰も歌ってくれないので、自分で自分を眠らせるための「子守歌」を歌うとこだった。 服部正先生の子守歌のメロディは、美しく、哀しく、優しかった。」 とのコメントをこの本に書いていただいておりました。
電子音楽ではなかなか「美しく、哀しく、優しい」という雰囲気が醸し出せないかもしれませんが、雰囲気だけでもお分かりいただければ幸いです。
(歌詞)
トン坊 トン坊 おやすみよ、 トン坊 早くおやすみよ
ニッコリ ニッコリ お月様、 風と駆けっこ 白い雲
おしくらまんじゅうの お星さま、 眠れば みんな お友達
「遊びましょうよ」と 待っている、 トン坊 トン坊 おやすみよ

トン坊の子守歌
トン坊の子守歌 冒頭部分

この曲はヤン坊ニン坊トン坊の第1回目の放送分の中の1曲ですが、この第1回目の最初のページに面白い部分を見つけました。

ヤン坊ニン坊トン坊第1回放送用譜面表紙

「ヤンボー、ニンボー、トンボー」と書いてある題字の上に鉛筆書きと思われる薄い文字で「(オーディション用)」と書かれています。
実は「トットチャンネル」で黒柳徹子さんが「ヤン坊ニン坊トン坊」のオーディションの様子を書いていますが、まさにその時のオーディションに使われたと思われる譜面なのです。従って、この譜面を黒柳さんはご覧になってお歌いになったのでは、と想像してしまいます。
65年前のドラマがこの譜面に隠されているようですね。

館長
1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                     1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)        同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                  2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                  現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください