新発見!服部正が室内楽(クラリネット五重奏)を作っていた!!

この資料館を通じてご連絡を取らせて頂くようになった「ミッテンヴァルト」の代表 稲原様から先般メールが来て、「是非お見せしたいものがある」との事でお会いして参りました。
この「ミッテンヴァルト」は知られざる日本の作曲家の室内楽作品を掘り起こし、CD等で音楽愛好家等にご紹介していく、という大変意義のある活動をされていらっしゃいます。
そして先日お暑い中上野にてお会いしましたが、その時に持ってきていただいたのが「服部正作曲 クラリネット五重奏曲『鳥』」という曲の自筆スコアのコピーとMIDI化した譜面でした。

聞くところによると、稲原氏がNHKの所蔵物を念入りに調べ見つけ出したとのことであり、NHKの電子ファイル化されたスキャニング譜面のコピーを頂戴してきたとの事です。コピーを見る限りでは服部正の筆跡そのものであり、NHK(日本放送協会)と書かれた五線紙に万年筆で書かれ、譜面にはNHKの管理番号が付された印が押してありました。

まずびっくりしたのが「室内楽」それも「クラリネット五重奏曲」という、ある意味服部正が書くとしたらはるかに遠いクラシックジャンルの作品があった事です。
譜面の筆跡を見る限り、昭和30年前後と思われ、「鳥」という題名で各楽章にそれぞれ「鷲」「孔雀」「隼」と鳥の名前が副題として付けられていました。
過去服部正は「鶯」やその後「鷺の歌」を含めた「鳥の組曲」等、「鳥」にまつわる作品をいくつか作っており、この曲の副題については「さもありなん」と感じましたが、ここでまた「謎」が出てきました。

まず、何がきっかけでこの作品を書いたのか?NHKの五線紙に書かれ、NHKがしっかり電子ファイルとして所蔵管理しているので恐らくNHKからの依頼と思われますが、何かの番組関係の依頼なのか等その経緯も不明です。当時服部正も個別のクラリネット奏者との親交が特に深かった事実も希薄なので、自発的に「誰のため」という事も無さそうな気がします。
また、「お話出てこい」や「ヤン坊ニン坊トン坊」といったヒット番組の譜面は用済み後作曲者に譜面を送り返しているのに、なぜNHKがこの譜面をスキャニングしてまで保管していたのかも非常に気になります。
実は作曲年代も謎であり、NHKの管理番号の印に付されている番号とこちらにある「お話出てこい」等の管理番号を照合すると確かに昭和30年頃に合致しそうなのですが、五線紙の仕様が微妙に違っているようで(例えば「日本放送協」のような旧字体使用等)管理番号の整合性も合ってないような気がしてなりません。

とはいえ、服部正にこのようなジャンルの作品が存在していた事自体が驚きであり、稲原氏のお話によれば「早速収録する手筈を整えている」との事ですので、実際の音になる事を大変期待しているところです。

稲原様、大変ありがとうございました。また録音収録とても楽しみにしております。

そして今後ともご活躍頂き、様々な未開拓邦人作品の発掘に期待しております。

慶応義塾マンドリンクラブ第200回定期演奏会、無事終了!

2018年8月4日に東京オペラシティにてKMC第200回定期演奏会が行われました。何と1100人以上のご来場を頂きました。これはホール定員の2/3以上にあたるかなりの入場率であり、ご来場いただきました方には心より御礼を申し上げます。

第1部は現役学生、第3部は卒業生と現役学生の合同演奏、そして第2部(卒業生のみ)にて以前ご案内の通り、服部正の「迦楼羅面」と「イタリアン・ファンタジー」を演奏しました。
「迦楼羅面」では最後の終わり方がやや渋いので、拍手が起こるまでに多少の間が要しましたが、その後万雷の喝采を頂戴し大変評判が良かったようです。
そして「イタリアン・ファンタジー」ではテノールの大沢一彰先生の素晴らしいカンツォーネも相まって、とても大きな拍手を頂きました。卒業生ならではの「経験」「勘」が両曲に大いなる効果を与え、しばしステージも客席も一体となった時間が持てたのではないかと思っております。
第1部、第3部も高評価を頂いたと思っており、何とかこの200回というビッグイベントがつつがなく終了することが出来ました。

演奏会終了後、打ち上げにはご来場いただいた卒業生もご参加いただき、中には100回定期演奏会でご活躍された方(要するに50年前!)や90歳を超えた超OBまでお暑い中お越し頂き、昔話や服部正にまつわるお話に花が咲きました。

8月2日の命日のすぐ後にこのような機会を得られたことは大変有難く、関係各位に心より御礼を申し上げたいと思っております。

改めまして、誠にありがとうございました。

今日(2018年8月2日)は10年目の服部正の命日です

今日、8月2日は服部正の命日にあたります。
10年前の今日の早朝に自宅で息を引き取りました。

昨日猛暑の中、東京小金井にある多磨霊園の墓地にお参りに行って参りました。

多磨霊園内、服部正家の墓

思えば10年前のこの日も非常に暑い日が続いており、訃報を聞いて駆けつけて頂いた方も、暑い中夏季正装でお越し頂き大変恐縮致しました。
介護のため自宅の1階で過ごしていたので服部正の居室の2階は殆ど使用されてなかったため、いつの間にかエアコンが故障して動かなくなってしまい、その後の遺品(譜面)整理等が暑さで非常に難儀した事をよく覚えております。

お墓の前にある「マリア像」は服部正の妻、服部冨士子が高齢になってからクリスチャンになり洗礼を受けた事もあり、置かせて頂きました。

没後10年を迎え、今年は服部正の作品が演奏、放送等で取り上げて頂く機会も幾つかあり、大変ありがたく思っております。明後日には服部正ゆかりの慶応義塾マンドリンクラブ定期演奏会(第200回)で服部正の作品を取り上げて頂きました。
さらにこの資料館を通じて今まで様々な方々との接点も出来ました。
皆様の暖かいお気持ちを改めて感謝申し上げる次第です。

来年は元号も変り昭和生まれの小生としては更に世代の推移のスピードを感じてしまう今日この頃ですが、明治生まれの服部正となるともう「江戸時代」の方に断然近い存在になってしまいますね。
そういった中で、これからも少しずつ様々な情報発信をしていきたいと思います。

皆様も是非お忘れ無きよう、今後ともご支援、ご指導よろしくお願いいたします。

コンサート・リマインダー

先般ご案内いたしました慶応義塾マンドリンクラブ第200回定期演奏会がいよいよ今週の土曜日となりました。(8/4(土)14:30開演、東京オペラシティ(初台駅)タケミツメモリアル)

 

練習風景先日土・日曜日には台風来襲にもかかわらず練習に多数メンバーが駆け付け、最後の調整を致しました。

先にご案内した通り、服部正の異なる時期の2作品がここで演奏されます。一つは服部正23歳の作品「迦楼羅面」、そして50代後半の「イタリアン・ファンタジー」。
「迦楼羅面」は音楽家デビューの頃の野心的で初々しい作品、そして「イタリアン・ファンタジー」は底抜けに明るく楽しい作品ですので、是非ご来場の上お聞きいただければと思います。チケットはまだ入手可能ですので、お問合せにてご連絡頂ければ当日会場にてご用意しておきます。(当日券2000円 全席自由)

高校野球と校歌(神奈川県北神奈川大会にて)

7月19日、猛暑のお昼に相模原の淵野辺にある野球場に行ってきました。

2018年7月19日サーティーフォー相模原球場、県立生田高校-慶應義塾高等学校地区予選大会

それも本日の試合が「慶應義塾高等学校VS県立生田高校」というカードであり、偶然ながらどちらの学校も服部正に縁がある高校です。

生田高校はまさにこの学校の校歌の作曲を担い、今でも歌い続けて頂いている学校です。

そして慶応高校は以前もご紹介した通り「慶應義塾高等学校の歌」というものを作曲しましたが、これはいわゆる「校歌」的な物ではなく、オフィシャルに「校歌」的なものは小学校から大学まですべて信時潔氏作曲の「慶應義塾塾歌」になります。

正直自分の立場としては非常に微妙であり、本日はどちらにも肩入れしないキャッチャー後ろのバックネット裏での観戦にしました。
試合は第1シードとなっている慶応高校が終始リードして、最終的に5回裏にて14対3で慶応高校がコールド勝ちしました。しかし勝利の校歌は「信時潔氏の塾歌」であり、自分の母校でありながら何となく複雑な思いになってしまいました(!?)。

終了後生田高校の応援席にお邪魔し、高校の先生やブラスバンドの生徒の方々とご挨拶しましたが、負けたとは言い大変爽やかな笑顔が印象的でした。

実はこの高校の「自筆譜」原本が保存されてなく、原本のコピーのみが服部正の保管袋に残っていました。機会があれば是非お邪魔してみたいと思っております。
両校の益々のご発展をお祈りいたします。

秩父農工科学高等学校後日談、校歌は「キンカン」コンビで作られました!

先日「自筆譜寄贈」のコラムでこの学校の事をご紹介しましたが、このほど同窓会があったそうで、副校長様からわざわざご連絡があり貴重な情報を頂きました。

秩父農工科学高等学校の同窓会には何と御年90歳の方もいらっしゃり、まさに校歌が誕生した時の事を覚えていらっしゃったそうです。

学校の70周年に合わせ校旗、校歌の制定をするにあたり、校歌の作詞を藤浦先生にお願いをしたそうで、藤浦先生は学校までお越しになり周囲の風景や学校の中を見学しながら歌詞をお作りになったそうです。そして曲は藤浦先生が「服部正に作らせる」という流れになったようです。
これは「キンカンCMソング」誕生とほぼ同じプロセスでした。
というのも「作詞:藤浦洸 作曲:服部正」というコンビは以前にもご紹介した「キンカンCMソング」を生んだコンビであり、この時はキンカン社幹部と藤浦先生が懇意にしていた関係で藤浦先生から依頼(命令!?)を受けた服部正が曲を作ったというプロセスでした。
その校旗・校歌発表の式典には服部正も招かれ、当時のピアノ伴奏の方に対して「上手だ」と褒めながら労ったとの事もお話頂いたようです。

しかし50年近く前の事をここまで克明に記憶されている事には大変驚かされ、ここで服部正作品の誕生プロセスがまた一つ解明された事に、大いなる感謝を申し上げたいと思っております。

秩父農工科学高等学校の関係者の皆様、そしてなによりも、その90歳の方に心より御礼申し上げます。どうぞお元気でお過ごしください!

キンカンCMソング歌詞と秩父農工科学高等学校校歌譜

 

服部正作品のコンサートご紹介 (第2報)

来る8月4日(土)東京オペラシティにて慶應義塾マンドリンクラブの第200回定期演奏会が行われますが、今回は三田会マンドリンクラブとの合同演奏会となりました。

第1部が大学、第2部が三田会(OB)、第3部が合同となっておりますが、この第2部の三田会の部にて「服部正没後10年」という副題を頂戴し、服部正の作品を2曲演奏する事になりました。
それは本人が23歳の時に作曲した「迦楼羅面」、そして50代に作曲した「イタリアン・ファンタジー」です。今回の演奏会は服部正の作品として全く対照的な選曲となりました。

「迦楼羅面」につきましては以前にも触れましたが、服部正が就職後40日で退職後に作曲に取り掛かり、その年の8月に完成したマンドリンオーケストラのための曲です。作曲当初は野心作としてかなり気に入っていたようですが、以前ご案内した通り自身のリサイタル後は積極的に扱わなくなりました。
雅楽をイメージした和音やマンドリン、ギター、管楽器、打楽器等が織りなす大規模なアンサンブルは今でも服部正の作品でも比較的人気が残っているナンバーと言えます。

一方のイタリアンファンタジーは、戦後服部正が最も力を入れた歌付きメドレーナンバーの一つで、マンドリンの楽器が最も似合う「イタリア民謡」や「イタリアにまつわる有名な曲」のリレーで送られる非常に聴きやすく楽しい曲です。
メンデルスゾーンの「イタリア交響曲」やオッフェンバックの「ホフマンの舟歌」が出て来るかと思うと「はるかなるサンタルチア」や「フニクリフニクラ」といった定番のイタリア民謡が登場する等、服部正の編曲ノウハウの集大成の曲とも言えます。
今回はテノールの大澤一彰先生にカンツォーネを何曲か歌って頂くことになりました。

2曲ともOBのメンバーは経験済みの方も多く、「昔取った杵柄」のごとく練習も実に気合が入っておりますので、是非皆様のご来場をお待ちしております。

当資料館でもチケットのお取り扱いを致しますので、もしご希望がございましたら当HPのお問合せにてご連絡下さい。
詳細をメールでご案内申し上げます。

2018年8月4日(土)14:30開演
東京オペラシティ
コンサートホール タケミツメモリアル
(京王新線:初台駅)
当日券2,000円、前売券1,500円(全席自由)

追伸
不肖私も出演させて頂く予定になっております。

服部正作品演奏会ご報告(青葉マンドリン室内楽団)

以前このHPよりご紹介した演奏会で「青葉マンドリン室内楽団・マンドリンジョイントリサイタル」につきまして、先日東京での演奏会にお邪魔してきました。
本演奏会は5月末から主宰者である肝付兼美氏の運営しているマンドリン教室が活動している「函館」「札幌」で行われ、そして最後に「東京・音楽の友ホール」にて開かれました。

正直服部正の作品だけで1つのコンサートをやって頂くことに対し多大なる敬意を表すとともに、本当にもつのかなという不安も正直な所持ち合わせていましたが、演奏された皆様の素晴らしい演奏でとても良いコンサートになりました。

演奏していただいた曲は以下の通りです。

・荒城の月を主題とする二つのマンドリンのための変奏曲
・モーツァルト「トルコ行進曲」(服部正編)
・海の少女(ピアノ伴奏編)
・コズマ ロマンス(服部正編)
・リュートのための「荒城の月」変奏曲
・モーツァルト「キラキラ星変奏曲」(服部正編)
・二つのマンドリンとピアノのための協奏曲

最後の「二つのマンドリンとピアノのための協奏曲」はあまり演奏されることもなく、私も生演奏で聴くのは初めてだったので大変貴重なコンサートとなりました。

 

メンバーは肝付兼美様、田中昌江様、田本美子様(それぞれマンドリン系)呉信樹様(ピアノ)の4人が曲によっていろいろアンサンブルを入れ替えながら、服部正の作品を丁寧に演奏していただきました。
アンコールで「服部正の最も有名な曲」と紹介されて、何が出てくるのだろうと思っていたら「ラジオ体操第一」というちょっと洒落た演出も有り、最後は私も気に入っている「鷺の歌」で締めくくって頂きました。
こうやって服部正の作品を音として具現化していただき、皆様にご披露していただけることは大変嬉しく、また演奏そのものも非常に分かりやすく心地よいものになっていた事が来場の皆様にもお分かりいただけたのではと感謝しており、東京だけでなく北海道でも好評だったとの事、当館としても大変有難く存じます。

関係の皆様に厚く御礼を申し上げるとともに、今後も益々のご発展をお祈りしたいと存じます。ありがとうございました。

 

謎の物語音楽②「Mr.T’s story」

前回の「瓊奴物語」に比べれば実に可愛らしい謎の音楽です。

NHKの袋に入っていた中にこの「Mr.T’s story」の譜面はありました。

恐らくNHKから依頼された何らかの短編ドラマか何かの番組の音楽のスコアと思われます。
珍しく譜面を横長につかっています。
その譜面の最初のページの右上に鉛筆で
「Mr.Tの可哀そうな物語」と書かれています。

普通は雑然と譜面が入っているのですが、この「Mr.T」は厚めの紙による表紙が付いており、しかもイラストも入っています。
譜面の状態や筆跡を考えると、やはり昭和30年代前半前後の作品ではと思われます。
譜面から想像するに、ごく一般的なラジオドラマ音楽と思われ、全体で音楽の部分で10~15分程度かと思います。

一度お邪魔したNHK放送博物館でも調べてみましたが、やはり連続物でないのでこの作品の履歴については調べきれませんでした。

そして「謎」です。

この「Mr.T」とは誰なのか?

譜面のあちこちに鉛筆でストーリーのポイントの走り書きが散見されました。
例えば「恋をした」「邪魔者は倒せ」「Mr.Tは憂うつ」、というような物で、何となくこのMr.Tという主人公の哀れな悲恋物語という事も想定されます。

そしてもう一つの謎は「この絵を誰がなぜ書いたのか?」です。

服部正の作品に絵が描かれているのは戦前の作品に多少ありましたが、戦後の作品にはあまり見受けられません。戦前の作品も「服部正の直筆による絵」とは思えない精巧なデッサンだったりしているので、誰かに書いて頂いたのではと思いますが、この絵もそうだとしたら、どのような経緯で書かれたかちょっと気になります。
「気になる」と言うと、この絵の主人公と思われる「Mr.T」、どことなく作曲者の風貌に似てなくもないような気が、、、。(眼鏡をかけてる姿等)
「T」は「正」のT?
こんな想像をしていると、ちょっと面白くなってしまう作品です。

 

 

 

謎の物語音楽①「剪刀余話 瓊奴物語」

服部正の残した譜面に「謎」を秘めた曲がいくつかありました。
その中から2つご紹介します。
今回はその1として「剪刀余話」の中の「瓊奴物語」という物です。
ちなみに「せんとうよわ」「けいどものがたり」と読みます。

この「剪刀」というお話は中国の「明」の時代の「神怪説話」の一つで、瞿佑(くゆう)という作家が「新話」を書き、それに続いて李昌祺(りしょうき)が「余話」を書いたとの事です。どちらも西暦1400年頃に活躍していました。そして「瓊奴物語」はその「余話」の中の1つの物語でした。(服部正の譜面では「新話」と書いてありますが、図書館で調べたところ「余話」の間違いだったようです。)細かい話はさておき、作られた曲は歌(ソロ、合唱)と語り手が入るそこそこの長さの作品です。
そもそもこの話は瓊奴という女性の悲恋物語であり、戦後服部作品で一躍有名になった「人魚姫」「かぐや姫」等のシナリオとも類似しており、服部正自らこのような中国古代文学を探したとはあまり思えないので、どなたかが推薦されたのではと思われます。
譜面も1950年代前後と思われる保管状態、筆跡でした。

ここで「謎」が出てきます。

「これはいったいどこの何のための作品なのか?」です。
譜面を見ていくと、語り手の原稿がスコアのいたるところに貼ってあり、そこに「三国」と記されています。(国と言う字は略して口と書かれた場合も当時は多かったようです。)
恐らく三国一朗氏の事であり、この流れから言うと「広場のコンサート」で使われた可能性が高いと思われますが、少なくとも第6回~第10回のプログラムには記載されていません。1~5回にやられた可能性もあるものの、これだけの作品であれば演奏会履歴や著書にも登場するのですが、その痕跡が残されていません。
実はオーケストラのパート譜も綺麗に残っておりますが、どうも演奏された形跡があまりありません。弦楽器の第一プルト(一番前の席の人)譜にはボウイングのアップダウンの鉛筆書きが数カ所残っていますがそれ以外にはどの譜にも書き込みがありません。練習前の準備はしていたが実際に練習すらされなかった、と想像されます。

そうなると想定できる事は次の3つと思われます。

1.「広場のコンサート」の第11回目に予定すべく譜面は作ったが、「広場のコンサート」そのものが中断されたため日の目を見ずに終わった。
2.第1~10回の「広場」でやるべく作ったが、何らかの理由で辞めた。
3.「広場」とは別の機会でやる事になって用意したが、やはり何らかの理由で中止になった。

どれも眉唾ですが、何となく1番の信憑性が高いような気がしています。

多分オーケストラ的に一度も音になっていないと思われ、もしその気になったらパソコン音源でトライしてみても、と考えていますが、しかしながらよくもまあこんな中国古代文学を引っ張り出してパート譜まで作って、そして演奏されずに終わったものも綺麗に残している、というのも「整理下手」「断捨離下手」の服部正らしい一面が出ているのではないでしょうか。