「陸をゆく」が再度陽の目を!

去る9月5日にマンドリンオーケストラ・コンコルディアの演奏会が開かれました。以前ご紹介した服部正の作曲した「陸を行く」がそこで演奏されました。(ご紹介投稿)
(当初は6月に予定されていましたが、新型コロナウィルスの影響で9月に順延されました。)
今般その時の演奏がYouTube上にアップされた事を知り、皆様にご案内する事に致しました。

武井守成氏の「空をゆく」大澤壽人氏の「海をゆく」と3部作で第2次大戦開戦中に作曲、放送されたとの事で、今般もその3曲を並べたプログラムでしたが、「陸をゆく」に関しましては服部正の作風が非常によく再現され、当日もご来場のお客様からご好評を頂いたとの事でした。
是非皆様も3曲お聴きになって、この3曲が第2次大戦下の中で生まれた背景を色々と想像していただければと思います。(この動画サイトでは演奏会当日のパンフレット上の解説文等も併記されておりますので是非ご一読下さい。)

武井守成 空をゆく

服部正 陸をゆく

大澤壽人 海をゆく

演奏して頂きましたマンドリンオーケストラ「コンコルディア」の皆様、そして今回の指揮や企画をしていただきました横澤恒様にこの場を借りて改めまして厚く御礼を申し上げます。

<追記>
当日は小生にもご招待を頂いておりましたが、残念ながら自宅業務における新型コロナウィルス予防対策対応のため外出できず失礼してしまいました。後日その時の演奏の動画等をご連絡いただき、大変すばらしい演奏をして頂いたことに謝辞を贈らせていただきました。

初期ピアノ曲と菅原明朗先生

プレリュード(前奏曲) I

先日友人からSNSで連絡を頂き、「服部正の初期の作品がYouTubeに載っている」との情報を得ました。
この資料館でもご紹介した「ピアノの為の前奏曲」であり、見事に音が再現されております。(それも1番だけでなく2番まで。)
(YouTube 前奏曲)
一度当館でもMIDIでの音源再現を試みましたが、ピアノ曲の演奏のITでの再現は微妙なタッチ感、強弱、テンポの揺らし方等相当困難を極め、諦めて譜面だけの掲載としました。こうやってアップしていただいたのは非常に光栄であり感謝しております。(名大作曲同好会、榊山大亮氏によるアップ)

聞いてみると日本的な「和」の響きの中にも何となくドビュッシーやフォーレのフランス近代音楽っぽい響きにも聞こえますが、これは恐らく当時唯一の「師」として信望していた菅原明朗先生の影響が強いのではと思われます。
菅原先生は当時の日本としては珍しくクラシック音楽でも「フランス音楽」を積極的に紹介し、弟子の音楽家たちにも夜遅くまでフランス音楽の話をしていた、と「広場で楽隊を鳴らそう」という服部正の自叙伝に書かれておりました。

菅原明朗先生 白鳳之歌ご案内

服部正も一時菅原先生の影響を受け、フォーレ、ドビュッシーだけでなく様々な作品の譜面をかき集めていました。このプレリュードが書かれた年は1932年頃で、なんとまだフランスの大作曲家「ラヴェル」が生きていた頃であり、以前ご紹介した「マリピエロ」や「オネゲル」といった当時の現代音楽のスコアも入手しておりました。

先日その菅原先生のご親族の方からご連絡を頂き、菅原明朗先生作曲のピアノ曲の譜面のご紹介を頂きました。ここにそのご紹介をさせていただきます。
(宮崎県のHIBIKI Music Supplyでお取り扱いとの事であり、もしご興味がおありの方はお問合せ下さい。)

謎の遺品(3)

不思議な写真?!

遺された写真の多くは「演奏会」や各地方への演奏旅行のオフタイム、又は社歌等の関係企業幹部との交流会等の写真ですが、今回はちょっと変わった物をご紹介します。
もし服部正が存命だったら「頼むから出さないでくれ!」と言われそうな物もございます。

いきなり顔だけのアップの写真を見つけてびっくりしましたが、もう一つの写真はオーケストラの指揮台で立った姿の写真がありましたので、まず恐らく「広場のコンサート」での1カットです。
「広場のコンサート」は聴衆に分かりやすくクラシック音楽をお届けする事を目的としていたので、この装束は古典派モーツァルト、ハイドンの時代を意図したものと思われます。今でこそこんなことやるのはそれほど奇抜ではありませんでしたが、昭和30年頃はかなり聴衆にも受けたかもしれません。

こうやって一生懸命に「クラシック音楽」を普及させようとしていた一面が伺われます。

戸倉ハル先生、そのお弟子さんたちと

一方で女性に囲まれた写真も結構残されていました。
これは中央にでんと構えている女性が恐らく「戸倉ハル」先生であり、周囲の女性は多分戸倉ハル先生のお弟子さんです。
服部正はデビュー間もない頃にこの戸倉ハル先生のダンス音楽の先駆けとなる作品を作曲した事がきっかけで戸倉先生と長いお付き合いになることができました。いわば服部正にとっては音楽家として認められるようになった過程では「恩人中の恩人」ともいえる存在だったと思われます。

謎の女性たちとの写真?!

このように何となく女性に囲まれた写真でも、その関係が分かりやすい物は問題なくご説明できますが、さらに若かれし頃(恐らく20代後半頃)の古い写真の中に気になる物がありました。
服部正の風貌や女性の服装、写真自体の状態を見ても昭和10年代前後に写されたのではと思いますが、これはまさに「謎」の写真です。
まず周囲の女性はどういう関係か?なぜか服部正が手に持っているのは「ケーキ」なので誕生日会か?そうなるとこの女性たちの存在がますます気になります。昭和10年代でこのように簡単に写真が撮れるような環境だったかどうかも不明で、室内でもかなりきれいに撮れているのでそれなりのカメラマンが撮った可能性もあり、そういった背景含め事実は不明のままで終わりそうです。

チンパンジーと一緒の服部正

最後に「謎」と言うよりは「面白い」写真を一つ。
これはどこかの動物園に行った時に写された物と思います。風貌を見ると昭和30年代前後と思われますが、何となくチンパンジーも愛想が良く写っておりますね。
ちなみに服部正は干支でいうと「さる年」なので、このような微笑ましい光景が撮れたのかもしれません(?!)。

(今回お出しした写真の個人情報配慮につきましては、もう60年以上前の写真と思われましたのでそのまま掲載させていただきました。悪しからずご容赦賜りたくお願い申し上げます。)

謎の遺品(2)

レコード類 その1

音楽家ともなれば当然様々な音楽を聴くことも必要不可欠な仕事です。昭和初期から戦後まで、音楽の提供媒体としては「レコード盤」が最も普遍的ではなかったかと思われます。ラジオや演奏会は自分の好みのものをいつも流しているわけではないので、レコードコレクターは今も昔も自分の気に入った音楽を必死に買い集めていたものです。

当然服部正も学生時代からかなりのレコードを購入していたようでした。これは「広場で楽隊を鳴らそう」でも自身の20代の日記でもレコード購入についての記載はありました。
しかしながら昔のSPレコード(78回転)は殆ど捨てられたか消失してしまい、わずかに残されたEP,LPレコードが何枚かあり、当館で保管しております。

その中でEPレコード(45回転17cm盤)のいくつかご紹介します。
まずマンドリンの演奏でフランスのメニケッティ氏の作曲によるレコードが2枚残っており、一つはメニケッティ氏自身のサインも入っておりました。

以前当館でも「服部正の音楽旅行団」にてパリに行った際にこのメニケッティ氏にお会いしたことをご紹介しました。多分その時に頂いたレコードかもしれません。20世紀の作曲家ですが聴きやすい作品でした。(かなり盤面に傷がついており、聴ける曲だけをつまみ聴きしただけですが、、、)実は右側のレコードはジャケットと中のレコードが相違しており、実際には3枚もらっていたのかもしれません、、、。服部正が入れ戻しする時に間違えた、メニケッティ氏が寄贈する前に入れ間違えた、レコード出版会社の梱包ミス等いろいろ考えられますが、まあ「かわいい謎」です。

コステラネッツ名曲集

そして服部正が信望している「アンドレ・コステラネッツ」のレコードも見つかりました。
以前ご紹介した通り、コステラネッツの影響を受けて当時「広場のコンサート」の内容も独特なものになったと言われています。
収録されているのは比較的有名な曲が多いですが「サン=サーンス サムソンとデリラ~バッカナール」が収められている事が興味深いです。
というのも、服部正がマンドリン合奏用に様々なクラシック名曲を編曲していますが、このバッカナールについては途中部分のカットがかなりコステラネッツのこのレコード演奏に近いので、恐らくこのレコードを聴いて触発されて編曲に及んだ可能性があります。
コステラネッツについてはこの他にも「プロコフィエフのピーターと狼」のLPレコードもあり、小生が幼少の頃よく聞かせていただきました。

これら2種については「謎」というほどのものはなく、「メニケッティ氏との出会いの経緯」、「バッカナール編曲についてコステラネッツの影響の有無」ぐらいで大したことは無いのですが、次のレコードは謎です!

なぜ服部正がプレスリーのレコードを持っているのか!?
確かに左の「ラブミーテンダー」は名曲中の名曲ではありますが、どうもマンドリンにしろグレースノーツにしろ、編曲されて演奏された痕跡が残っておりません。アメリカの演奏旅行でも、少なくとも1970年代以降は取り上げられていません。自身の演奏会に向けた編曲用としての収集の可能性は薄そうです。
もう一つの見方として「懇意にしている「ビクター社」の幹部から「今、アメリカではこれが流行っているらしいぞ」と言われて自社の人気レコードを寄贈頂いた」という流れです。
クラシック畑の服部正のレコードコレクションとしては、ちょっと異色なプレスリーレコードです。

私が幼少の頃、音楽を聴くときに服部正の所蔵レコードをいろいろ聞かせていただきましたが、正直言って服部正はレコード本体を「腫れ物に触るような」扱いは全くせず、中袋なしでレコードを紙ケースに放り込んだりして、譜面の管理と同じくかなり杜撰でした。従って「いい場面が来た!」と思って耳を澄まして聴こうとすると「針飛び」でその部分が飛んだり、その部分に行く前に無限ループ状態で同じ部分を何回も再生したりすることが日常茶飯でした。
(残念ながら小生もその癖が若干遺伝してしまい、すべてにおいて「丁寧」という所がちょっと足りなかったかもしれません、、、。)

アイヌ文化との繋がり(まりものワルツ)

本年4月に当資料館にお問合せがございました。
それも北海道の新冠町にある「レ・コード館」の方からで、表題にある「まりものワルツ」という曲について教えてほしいとの事でした。
まず、この「まりものワルツ」という曲の存在も初耳で、さらに服部正の作品であったことも初めて知り、早速当館の蔵書を調べましたが残念ながら関連情報は見つかりませんでした。
聞くところによると1956年頃のSPレコードの中に収録されていたらしく、ビクターオーケストラによる演奏とされていたので恐らく服部正の関係に間違いは無いと思い、継続的に調査する事に致しました。

最近その方から連絡が来て、この「レ・コード館」にて「『アイヌ』-レコードに刻まれた記憶と音」と題し8月18日から記念展示をされるはこびとなったそうです。
この「まりものワルツ」も展示していただくことになりました。又レコードコンサートも定期的に実施するそうです。
そのご案内先を下記にリンクさせていただきます。

ウポポイ誕生記念展示『アイヌ―レコードに刻まれた記憶と音―』開催のお知らせ

新冠町レ・コード館ご案内

折しも新型コロナウィルス感染症対応でなかなか遠距離の移動が難しくなっておりますが、もし機会がございましたら是非お立ち寄りいただければと存じます。
また、この「まりものワルツ」という曲につきまして皆様何かご存知の事があれば当館にもお寄せ頂ければありがたく存じます。

この曲は「学芸会用」と書かれたキャプションがあったとの事なので、ひょっとしたら「戸倉ハル」先生の関係かとも思われ、またこの1956年前後はNHKラジオの「お話出てこい」の真っ最中ということもあり、この両面で調査してみましたが、当館の資料では確認ができませんでした。当然服部正がどういう過程でこの曲を作ったのか、またアイヌ文化との繋がりがどうだったのかについても情報は残されておりません。

皆様のご協力、ご支援をお願いいたします。

謎の遺品(1)

ベートーヴェン、ウィーン関連の写真

服部正は譜面以外にも様々な遺品を遺しておりますが、どのような経緯で入手したのか、なぜこんなものが服部正の手にあったのか不明な物が少なくありません。
服部正死去後遺品整理の際に出てきた物で、当然本人に聞くわけにもいかず、前後関係や人間関係等から類推するしかありませんが、ちょっと変わった物をこれからランダムにご紹介していきます。

まずこんな写真が出てきました。

服部正は膨大な譜面の他に数々の写真が遺品として残されておりました。自身が撮った写真はほとんどなく、だいたい頂いたものと思われます。(服部正は8ミリ動画撮影はしましたが、カメラ撮影は殆どしておりません。)
この写真はカラーなので昭和30年代以降と思われます。日本のマンドリン界ではそれなりの立場にいた服部正でしたがヨーロッパとの関係はとても薄く、どなたかがドイツ・オーストリアに行かれた時に写真を撮った物を頂いたのかもしれません。
(服部正はアメリカ、ハワイ等は戦後何回か行っておりますが、ヨーロッパはかなり後になってからであり、写真の時代背景上本人が現地で入手した確率は低いと思います。)
ちょっと気になるのは、かの「ベートーヴェンが愛用していた」とまで言われている楽器が、こんな無造作(?!)な状態で保管、また写真撮影されていたことに若干驚いており、真偽を疑ってしまう失礼な気持ちにも多少なってしまいました。確かにベートーヴェンは珍しくマンドリンの為の作品も作っていたので、マンドリンを持っていた事自体に違和感は無く、信憑性は高いと思います。

また、こんな写真も出て参りました。

左側は「オーストリア放送局の放送大ホールでの録音」というような見出しが書いてあり、その下にはアンサンブル名、そして説明として「ウィーン音楽大学卒業生と学生」と記載されております。
右側は「コンサート」と記されており、ニューイヤーコンサート等で皆さんよくご存知の「ムジークフェライン(楽友協会)」の「ブラームスホール」と記載されております。結構な人数がいるだけでなく、さすがウィーンでグランドハープまでメンバーに入っています。クラシック音楽の殿堂と言われているウィーンの音楽界でもこのようなマンドリンアンサンブルが健在だったこと、しかもウィーン音楽大学という名門関係者ということも初めて認識致しました。どのような曲をやっていたかが非常に気になります。
これも勿論服部正が直接このアンサンブルと接触したエビデンスは残っておらず、やはり関係者のどなたかが外遊された際に撮影、もしくは入手された物を頂戴したのではないか、と思われます。

謎が解けたらまたご紹介いたします。

8月2日は服部正の命日でした

服部正の墓〔多磨霊園〕
(マリア像は妻冨士子がクリスチャンであったため設置)

2008年8月2日、服部正は100歳の天寿を全うしました。
思い返すとその時もとても暑かった日でした。

そして今年はちょうど一回りした12年目(ねずみ年)になります。
晩年10年以上は闘病状態で自宅療養を続けておりました。
「音楽」とともに「人」が好きな性格で、慶應義塾マンドリンクラブのOB,現役たちや音楽仲間、様々な業界でお付き合いする人とおしゃべりする事がとても楽しく過ごしていたものの、自宅ベッドからの転落による骨折を機に闘病生活が始まり、人とも会えない日が長く続きました。妻の長年の看病のもと100歳を迎えた年に息を引き取りました。

ここに来て最近当資料館には戦前戦後での楽曲、楽団等のお問い合わせがいくつか来訪したり、SNSでも昔を懐かしんで頂くような投稿もございました。まだこうやって服部正の事を話題にしていただいている事自体に遺族としては大変ありがたく、恐縮に感じております。
お問合せに関するやり取り等でも心温まるお話が多く、いずれ可能な限り資料館としてご紹介していきたいと存じます。

命日にあたりお暑い中ご墓参いただきました方、様々なコメントやご紹介をSNS上でしていただきました皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

引き続き当資料館をよろしくお願い申し上げます。

館長 服部 賢

社歌・校歌のご紹介(15)

社歌のご紹介 ⑤ 明治時代以前創業企業の社歌

今回は業種とは関係なく、明治時代(明治以前含む)から営々と続いている企業で服部正に社歌をご依頼いただいた3社をご紹介します。当然今でもご活躍で皆さんご存知の企業です。

早速創業が古い順番にご紹介します。

まず1858年創業(安政4年)という明治維新の10年も前に創業した「丸紅」社です。
この会社はそもそも伊藤忠兵衛氏が創業した麻、布類の卸売り業ですが、その名の通り「伊藤忠」社とは分割したり戻ったりの歴史が繰り返されて今に至っているとの事です。
この丸紅社は一時期「丸紅飯田」と社名を変えておりましたが、服部正が社歌を作曲した時期はこの「丸紅飯田」時代(昭和30年~昭和47年)の昭和34年で、戦後復興の順調な時代に入ってきた頃です。

丸紅飯田社 社歌(印刷譜)

この直筆譜をもとに丸紅飯田社が印刷譜を作ったものも残されておりました。
作詞を担当された「川村喜太郎氏」については、特に情報が無いので、恐らく丸紅飯田社の関係の方かと想像しております。

その後「丸紅」社と会社名も元に戻った事もあり、この社歌もお蔵入りされたのでは、と思っておりました。
ところが数年前にこの丸紅社から突然文書が来て「社歌の一部を改変したいので、ご了解を頂きたい」とのご意向がございました。一応まだ「社歌」として健在だった事が大変光栄で嬉しく思い、曲そのものの改変ではないので、もちろん応諾致しました。


同じように社歌を改変したいという事でご連絡をいただいた会社として、これも有名な「大日本印刷社」がございました。
大日本印刷社は1876年(明治9年)に「秀英舎」として印刷業を始めた、とのことで、戦後日清印刷社と合併した際に「大日本印刷」社と命名されたそうです。
残念ながら直筆の譜は存在しておりませんでしたが、印刷譜が残されておりました。

工場歌とはなっておりますが、言わば社歌的イメージでお使い頂いているようです。作詞をされた勝先生は様々な社歌、校歌でも有名であり、当時の大日本印刷社の力の入れ様がよく分かります。歌手まで記載されているのは恐らくレコード(ソノシート等)を作られたのではと思いますが、その歌手が「藤山一郎」氏、「伊藤京子」氏という昭和時代ではとても高名な歌手にお願いされているのも驚きです。

伊藤喜商店社歌

最後のご紹介は1890年(明治23年)創業の伊藤喜商店の社歌です。伊藤喜十郎氏が作った会社ですが、これは皆さんご存知の現「イトーキ」で、様々な事務設備・用品等で皆様もご厄介になったことがあるのではと思います。
保存されていたこの青焼き譜は残念ながら服部正の直筆譜ではなさそうで、どなたかが写譜されたものと思われます。
作詞は藤浦洸先生で、これも慶應コンビによる社歌誕生と思われます。商号を「イトーキ」に変更したのは昭和38年(1963年)なので、この曲の作曲時期は恐らく昭和30年代前半ではないかと推測されます。
印刷譜も残されておりました。

伊藤喜商店社歌 印刷譜

実はこのイトーキ社のために服部正はさらに曲を作っておりました。

作詞の竹中郁氏は服部正とほぼ同世代(1904年(明治37年)生まれ)の兵庫県出身の詩人であり、戦後校歌、社歌にも数多くの著作があるそうです。
作曲された時期が1962年なので、まだ商号が「イトーキ」になる1年前ですが、恐らくこの頃は皆さん既に「イトーキ」とこの会社を愛称で呼んでいらっしゃったと思われます。
どのような目的でこの曲を使われたかは不明ですが、付点音符が元気の良いマーチ風に使われているので、何かのイベントや広告関係かと推測されます。

蛇足ですが、現在皆さんがよくお使いになっている「ホッチキス」はこの伊藤喜商店がアメリカのEHホッチキス社から初めて日本に輸入して販売したとの事です。本来この商品は「ステープラー」と呼ばれる種類の文具であり、皆さんよく「ホチキス止めしておいて」なんて日常言っているのも、この「伊藤喜さん」があってこその言葉なんでしょうね。

今回ご紹介した会社は創業100年以上の歴史を持つ日本の代表的な会社ですが、少なくとも2社はまだ何らかの形で社歌としてしっかりご認識頂いている事は大変ありがたく、感謝申し上げる次第です。

校歌・社歌のご紹介(14)

社歌のご紹介 ④ 船舶関係(その2)

前回ご案内した通り、この船舶業界の中でも海運業の離合集散の動きは極めてダイナミックです。服部正は都合3社の海運業の社歌を作ったと思われますが、結局その3社が現存する「商船三井」社1社に統合されてしまっています。

まず「山下亀三郎」氏という実業家が作った会社「山下汽船」社の社歌を作りました。
この「山下汽船」社は1911年に創立、一時は日本郵船、大阪商船に次ぐ大きな存在でした。

山下汽船の社歌は1960年に作られました。作られた経緯は不明ですが、ひょっとすると1954年まで会長だった山下亀三郎氏のご子息の山下太郎氏が慶應出身という事も関係しているかもしれません。
ところが山下汽船はその4年後に「新日本汽船」と合併し、「山下新日本汽船」という会社になりました。この社歌も事実上4年の命だったようです。
しかしながら、この「山下新日本汽船」社の社歌も服部正が新たに作ることとなったようです。
ここの経緯も不明ですが、一般的には合併後の社歌等はお互いの社員の優劣感覚を回避すべく全く違う人脈で作られる事が多く、山下汽船社側からの意向が強かったのではと推測されます。

こちらの譜面には正式な作曲時期が書いてありませんが、合併時期が1964年なのでその時期からそう離れてはいないと思われます。
どちらも「行進曲風」というような書き込みがありますが、やはり全く違う曲です。

さらにここからこの会社はまた合併を繰り返していきます。
1989年に「ジャパンライン」との合併により「ナビックスライン」となり、その10年後の1999年に「大阪商船三井船舶」と合併し、現在の「商船三井」となったようです。
山下新日本汽船社としては1989年までなので、山下汽船時代から数えると約30年間は服部正の社歌が使われていたのでは、と憶測できます。

一方で大阪商船三井船舶社も合併を重ねており、そもそもの大阪商船社は1884年に創業、三井船舶は1942年に三井物産船舶部から独立して会社組織になりました。
そして1964年に「山下新日本汽船」と同じタイミングでこの2社が合併し、そしてナビックスラインと1999年に合併し商船三井社にたどり着く事になります。

ところがここに面白い事があり、服部正の譜面の中から「三井ラインの歌」というものが青焼きコピーの状態で発見されました。

三井船舶の事を当時は「三井ライン」と呼んでいたようであり、歌詞を見ても何となく海運業を彷彿とさせる内容なので、これは三井船舶の歌ではないかと推測されます。歌詞も「藤浦洸」先生が補作されているので、服部正との慶應コンビがここでも登場しており、三井グループともゆかりがあるので可能性は高いと思われます。そしてこれは大阪商船と合併する前の作品と思われ、1964年以前の作曲と考えられます。服部正の筆跡からみても1950年代以降と思われますが、事実上服部正は商船三井社の前身の会社の曲を3曲も作っていた事になり、それぞれ将来合併するとは当然夢にも思わず作曲していたわけです。もちろん委嘱した会社側も当時は全くそんな事は予想していないはずです。

今回この3曲をご紹介するにあたり、商船三井社のホームページの「歴史」欄を拝見させていただきましたが、日本の海運業の整理統廃合の中にこんな社歌の流れがあったとは想定外でした。
でも当時の会社のOBの方々で社歌をご覚えていらっしゃる方もおられるとは思います。是非いつまでも心の中で大事にしまっておいていただけたらと存じます。

校歌・社歌のご紹介(13)

社歌のご紹介 ③ 船舶関係 (その1)

島国「日本」の古くからの有益な交通手段は、まさに「船」でした。明治時代になりこういった船作りの会社が産声をあげ、船を使った商売をする事業も進んで行きました。
今回はその日本のお家芸とも言える船舶関係の会社の社歌をいくつかご紹介します。

まず「作る」方では「浦賀ドック」と「大阪造船所」の社歌を服部正が作っておりました。

浦賀ドックそもそもは1897年に「浦賀舩渠」として設立されました。(譜面表紙の下の方に「浦賀舩渠株式会社」と鉛筆で書かれております。)残念ながら2003年に閉鎖されてしまいましたが、戦前は「駆逐艦」を主に作っていたようです。今でもそのレンガ造りのドライドック跡地が横須賀市の観光スポットとして人気を集めています。
譜面からは作られた年月は分かりませんが、譜面の状態や筆跡を見る限りはこの譜面自体は戦後間もないころから高度成長期の間頃と想像できます。
作詞は大木惇夫先生であり、あの「野の羊」の作詞者として大変お世話になった方です。
しかし、どなたがお書きになったのか分かりませんが、直筆の譜面に赤鉛筆で「服部先生・・」と無造作に書いてあるのを見ると、当時は本当にこういった事におおらかな時代だったのでしょうか。

一方の大阪造船所は現在でも「ダイゾー」として活躍されております。こちらは1936年に設立された会社です。そもそもは造船業ですが戦時中にかなりの被害を受けて一旦工場の操業が中止されたそうで、戦後再起をはかり今は多角的なビジネスに取り組んでおり、「エアゾール」とか「自転車駐輪場施設」等にも実績が上がっているとの事です。

こちらは作曲時期がしっかり書かれており、1971年10月という「大阪万博」の次の年に作られたようです。
かなり服部正もこの作曲には力をいれていたのか「作詞」まで手掛けており、残された譜面を見ると、このオーケストラ版だけでなくブラスバンド伴奏や混声合唱用の譜面まで作っていました。
どのような経緯で作曲されたのかは不明ですが、大阪万博の前後で大阪もひときわ盛り上がっていた時代なので社歌でモチベーションアップを図ったのでしょうか。このオーケストラ譜面を見ても冒頭いきなりトランペットのファンファーレで始まっており、「気合」が入りそうですね。

次回は船を使って商売をする会社についてご紹介します。
本当は今回一気にご紹介したかったのですが海運業は合併・吸収が著しく、多少ご説明が長くなりそうなので次回に回させて頂きます。