服部正と妻「服部冨士子」

今まで敢えて触れておりませんでした服部正の妻(私から言えば「母」)について今回初めてご紹介します。
1954年に服部正は「小西不二子」という女性と結婚した、という事が自著に書かれております。その自著では「2回目の結婚」という事もはっきりと判るような表現をしております。

服部冨士子(不二子から改名したものと思われます。)は1926年(大正15年)京都出身であり、(一説には生まれた場所は中国だったとも伝わっていますが)考えてみると「あずま男に京女」という図式の結婚になったようです。もともとはバレリーナだったらしく、そこでの出会いと思われます。年の差なんと18歳でした。
結婚して間もないと思われる写真が見つかりました。

その後音楽家の妻として様々な所で夫服部正をサポートし、自宅の来客に対しても甲斐甲斐しく接客していました。一時期は楽団「グレースノーツ」の運営でもかなり突っ込んだ立場で対応していました。
その後服部正も第一線での活動がほぼ終わった頃から、2人で近場の観光地を訪れたりして老いても仲良く暮らしていました。その頃の自宅でのショットです。

ある時服部正が自宅のベッドから転落し腰骨を骨折してから歩行が厳しくなり、車椅子での移動、そしてその後寝たきりになってしまいましたが、結局服部正が100歳まで生き永らえたのはこの服部冨士子の献身的な看護、介護によるものが大きいとはっきりと申し上げられます。

実はこの服部冨士子が先日の3月31日、91歳の天寿を全う致しました。今頃やっと最愛の夫服部正のもとに馳せ参じているのではと思います。
(本人が生きている間はこの資料館での「妻」としてのご紹介は控えさせていただきましたが、こういう事情なため今回の運びとなりました。)

医師から死亡通告を受け、病院のベッドで「本当に長い間お疲れ様でした。そして服部正、私の為に一生懸命いろいろと尽して頂きありがとう。早くおじいちゃん(服部正)の所に行ってあげてください。」と声をかけてさしあげました。

仙台育英高校 残念! でも、福井工大福井高校も、、

本日の選抜高校野球で宮城県の仙台育英高校が出場しました。
後半まで順調にリードしていましたが、残念ながら最終回に逆転を許し、そのまま終了し1回戦で甲子園を後にすることになりました。選手の皆さんよく頑張りました。是非夏にまた戻ってきていただきたいと思っております。
2回の裏に校歌を演奏するところをNHKテレビでもしっかり放映頂き、私も拝聴する事ができました。

ところで、今日仙台育英高校を破った福井工大福井高校の選手のユニフォームを見ていると、袖に「金井学園」と記載されていました。
すぐに調べてみるとこの学校は「学校法人金井学園」に所属する学校の一つであることが分かったのですが、聞いたことがある名前だったので慌てて譜面管理ファイルを調べてみました。
そうしたら、ありました!「金井学園歌」という曲を服部正が作曲していました!

歌詞を見ても「ふくいこうだい」「ふくいこうこう」とそれぞれの学校の名前も入っているので間違いありません。
本日の試合をした福井工大福井高校には高校としての校歌があり、今日はその校歌が流れていましたが、そもそものホールディングカンパニーとも言うべき「金井学園」の歌を作っていたので、考えてみると今日は服部正ゆかりの学校同士の戦いだったようです。
福井工大福井高校の皆さん、是非仙台育英高校の分も含めて頑張って頂き、次の試合も勝ち進んで行ってください!

服部正のテレビ出演(クイズ番組?!)

服部正はNHKから多用されていたので、様々な番組の音楽だけでなく出演の機会もありました。
一番長かったのは初代の「あなたのメロディ」の審査員として高木東六先生他と出演していたものでしたが、他局でも審査員として出ていたものがあり、どちらかというと専門領域のクラシックとは離れた音楽番組が多かったように思います。
やはりテレビ的には当時も「歌謡曲」の方が視聴率を稼げるので、どうしてもクラシック系の番組は「N響アワー」ぐらいしかなかなかなく、そこでは服部正の出番はありませんでした。

今回こんな写真を見つけました。

恐らくNHKのクイズ番組だと思うのですが、詳細は不明です。時代的には昭和30年代後半と思われますが、他の出演者を見ても古き良き時代に活躍された方のそれぞれ若かれし頃と思われます。レギュラー出演だったのかゲスト回答者だったのかは不明ですが、右の写真を見てもお分かりの通り皆さんの回答とは違う答えを出していて本人含め皆さんから笑われている所をみると、あまりクイズは得意でない扱われ方をされたかもしれません。

服部正は頼まれたら「いやだ」とは言わない性格なので、多少恥をかいてでもこういった番組にも出ていたのではないでしょうか。
まあ持ち前の「明るさ」もあったのでテレビ局も使いやすかったのかもしれません。
昔のほのぼのとした一景でした。

ところで、今日(3月17日)は服部正の誕生日であり、生誕109年のバースデイでした。

※ 本ページご覧頂いた方からご連絡を頂き、このクイズ番組は「それは私です」というNHKの番組であったことを教示頂きました。そして「ゲスト回答者」であったことまで教えて頂きました。
ご教示頂きました方に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
(2017/3/22)

 

東京国立近代美術館フィルムセンター殿へのご協力

本年の最初の投稿にて、戦前とはいえとても可愛いアニメ映画の音楽を服部正が担当していた事をご紹介したと思います。
実は昨年末に「東京国立近代美術館フィルムセンター」の方から本資料館にご連絡があり、「日本アニメーション映画クラシックス」という戦前のアニメの紹介WEBを作るにあたり、音楽を担当していた服部正の関係者に了解を貰いたい、というお話がありました。
そもそもここに出てくる「アリチャン」「あひる陸戦隊」がそんなカテゴリーの作品であるとは露知らず何気なく譜面を袋に入れていたので、この話でこの作品の素性が分かった事は大変な朗報でした。
そしてこの度正式にWEBが公開されたというお知らせを頂き、今回ご紹介するはこびとなりました。

作品の紹介は当館「一般曲-戦前・戦中編」の頁でご覧いただければと思いますが、まずはこのWEBページについてリンクを貼らせて頂き、皆様にも是非ご覧になっていただこうと思っております。

どちらも15分もかからない小品ですが内容はひじょうにしっかりしており、現代社会においても十分情操教育に使える内容ではと思います。

これが今年最初の投稿の「予告編」の本編でした。

産業能率(短期)大学校歌自筆譜の寄贈

小生が会社生活の中で「大学」というものの接点があったのがこの産業能率大学でした。一つは自分の企業研修の中でのこの大学の先生のクラスがあったこと、そしてもう一つは自分の仕事としてお客様向け研修会企画の際にゲスト講師として招聘させていただいた事。そういった意味では非常に個人的にも親近感のある学校です。その産業能率大学の前身である「産業能率短期大学」の校歌を作ったのが服部正であった事は、譜面の整理をしていた時に分かった次第です。
あるとき「JASRAC」から電話を頂き、「産能大の方が校歌の譜面がないか問い合わせが来ている」との連絡を受け、それならばちょうど自筆譜寄贈の活動があるので個別に連絡を取る事にし、今回の寄贈に繋がりました。

風の強い2月のある日、自宅からバスを乗り継いで産能大がある等々力(と言っても駅で言えば自由が丘が至近)まで行きました。交通事情が不安だったので早めに出発したのですがことのほかスムーズであまりにも早く着き過ぎたため、近くのファストフード店でしばしコーヒータイム。

定刻前に学校に着き、出迎えて頂いた方に応接室に案内されましたが、その応接室に入ると「校歌」がBGMで流れ、壁に目をやると「校旗」と「自筆譜寄贈式」と書かれた紙が物々しく貼られており、これは何か大ごとになりそうな気がしてきて、ちょっと緊張してきてしまいました。

応接に貼られた校旗と寄贈式の紙!

ほどなく幹部の方々(学長様、副学長様他)写真撮影の方も含めかなりの方々が応接室に入られました。
3月に横浜のみなとみらいホールでパイプオルガンにてこの校歌を演奏する事になったのですが、学内どこを探しても「校歌の楽譜」が見当たらず、オルガン奏者にお渡し出来るものが無くてお困りになっていたところで今回の連絡となったそうです。

まず「校歌」をパイプオルガンの伴奏で演奏するというとんでもなく光栄なお話に感動してしまいました。事前にピアノ伴奏譜のコピー譜面だけを関係者の方にお送りしておきましたが、今回はアンサンブル伴奏譜が比較的きれいな自筆譜として残っていたので、ピアノ譜と共に寄贈してまいりました。

時間帯がお昼でしたので昼食をご用意頂き、しばし関係の皆様と歓談をしながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。
学長様は民間の大手コンピュータメーカご出身であり、小生も同じ業界出身なので非常に近しい話題等で話も弾みましたが、どうもこの資料館をご覧頂いているとのお話がご出席の方々から頂き、ありがたい反面「さらにきちんとやらねば」というプレッシャーがかかってしまいました!

最近はこの「自由が丘」という立地条件から女性の学生が増加しているそうですが、企業との関係も強いこの学校がまさに現代に求められている視野の広い若者の情操に期待を集めているのでは、とも感じられました。帰り際にキャンパスの一部も拝見しましたが、学生の皆さんも非常に落ち着いた表情で、良い雰囲気の中で勉学に励まれている姿を垣間見ることが出来ました。

帰り道は自由が丘まで徒歩で帰る事にし、学校でお見送りを受けた後しばらくして振り返ると、「高級住宅街の中の学び舎」というイメージの風景が浮かび上がりました。

住宅街の中の産能大

本当に学校からしばらくの間閑静でハイセンスな豪邸が続き、こんな所を通学している学生は気分も落ち着き朗らかになりそうな雰囲気を大変感じました。

産業能率大学の学長様、副学長様、関係の皆様、本当にありがとうございました。
ますますのご隆盛をお祈り申し上げます。

 

服部正と郵便局

服部正の自宅から歩いて1~2分という至近距離に郵便局がありました。
前にもご紹介したかもしれませんが、仙台育英高校の活躍に電報を打ちに行った郵便局ですが、当然局長さんとも非常に仲良くなり家族でのお付き合いでした。
(当時は今と違って局長さんは転勤が殆ど無く、地元とのお付き合いを重視していました。)
服部正もそもそも一般のサラリーマンと違い土曜日曜は無く、手紙を出しに行くたびに平日開いている局舎(といっても窓口3つぐらいしかない小さな郵便局)に入って一言二言会話して帰る、といった雰囲気でした。

その局長さんが気を遣って下さり、記念切手が発行されるたびにわざわざ服部家のために取り置きして頂いていました。(勿論その都度正規のお金を出して購入していました!)
当時はそういった記念切手は結構間断なく発行していたようであったため家庭内在庫は一般の切手よりも圧倒的に記念切手が多く、ちょっとした手紙だけでなく譜面の送付にも惜しげもなく記念切手を貼りまくっていました。
結局使い切れずに遺品として残されたものが結構ありました。例えばさきの東京オリンピック記念切手もしっかり残っています。

こんな切手もシートで残っていました。

これは1978年(昭和53年)に「ラジオ体操50周年記念」という事で発行されたそうです。
面白かったのは、ラジオ体操の曲を作った張本人が郵便局長の気遣いで取り置きされた切手を、特に意識せずに郵便局から買って持って帰っている光景を想像してみる事です。
そもそもこのラジオ体操は「逓信省(郵政省の前身)」の委嘱を受け作ったのですが、そういった記念切手が発行されるならば郵政省から何らかの話があったのでしょうか?それについては真実は分かりません。
確かに昭和53年の50年前は昭和3年で、当時はまだ慶応マンドリンクラブにいた学生の頃で最初のラジオ体操は当時の作曲家が作曲されたのだから服部正とは関係ないでしょう。

そんな事も気にする事もなく、郵便局から帰ってお茶を一杯飲んでからまた譜面にむかいに部屋に入って行く姿が彷彿とされます。
この切手はしっかり保管しておきましょう。

戦後GHQ占領の後のNHK番組にて

終戦後アメリカ軍は「軍国主義」だった日本を抜本から「民主主義」に変革させようという一環でGHQ占領下でCIE(民間情報教育局)を設置、様々なジャンルの情報提供について監督権を持って指導を始めたと言われています。
当然NHKもその最右翼となって彼らの指導を受けた訳ですが、ちょうどその頃服部正もNHKとの関係が深く、このNHKを通じてCIE幹部とも接点があった事が著書(広場に楽隊を鳴らそう)に記載してあります。

こういった経緯を経て昭和30年代初頭からNHKは様々な娯楽番組や婦人向け番組、幼児向け番組等、GHQ占領終了後積極的に放送を拡大していきました。
そんな中、服部正はNHKの連続番組(ラジオ、テレビとも)の音楽担当を仰せつかる事が多くなり、その時に作られた譜面もかなりの分量が残されておりました。

昭和30年代前半のNHK番組向け作品

この写真はその一部ですが、これも含めいわゆるシリーズものとして以下の番組をこの僅かな数年間で担当してまいりました。

にんじん(昭和32年~)
遠くから来た男(詳細不明)
青空の仲間(昭和30年~)
おらんだ泥棒(昭和31年~)
ここに鐘は鳴る(昭和33年~)
春を待つ峠(詳細不明)
相棒道中(昭和31年~)
アンデルセン物語(昭和33年~、「婦人の時間」の一コマ)
エッサラ母さんホイ坊や(詳細不明)
島と私と娘たち(詳細不明)

勿論これだけではなく小さな連続番組もいくつかありましたが、ここに「向う三軒両隣」「お話出てこい」「ヤン坊・ニン坊・トン坊」「バス通り裏」といったNHKでの服部正のメイン番組が同じ年代で動いていた訳であり、当時NHKのスタジオがあった内幸町との行き来が大変であったと著書にも記載されていました。
この頃になればようやく「録音技術」もある程度のレベルまで向上してきたので、ラジオ番組でも「生放送」というしばりは少なくなりましたが、まさに当時は毎日こういった番組の音楽を絶え間なく作曲していたので、「早書き」のレッテルを貼られていた服部正としては面目躍如といったところでしょうか。

しかしこういった番組の音楽はほとんど一過性であり、終了した譜面がドサっと服部正の元に戻される訳ですが、服部正も捨てるに捨てきれず結局遺品として残ってしまいました。正直このさき、こういった譜面の扱いをどうしていくか館長としても悩ましいといったところが本音です、、、。

南極観測隊の歌(昭和基地開設60周年にて)

60年前の今日(1月29日)南極大陸に日本の昭和基地が開設され、本日現地や関係の部署でセレモニーが開催されているようです。
実は以前譜面整理していたところ「南極観測隊の歌」というのが出てきました。
その時はそれほど印象に残っていなかったのですが、今日そのセレモニーのニュースがテレビで流れていたので思い出し、早速譜面を再確認しました。
比較的きれいな状態で残っていましたが、何とその最終ページに当時の新聞のこの曲に関する記事が貼り付けられていました。

どうもこの歌は当時朝日新聞社が歌詞を公募し、選ばれた歌詞に服部正が曲をつけた、という事のようです。
その新聞記事を一応拡大してみました。

この歌をネットで検索してみると、国立国会図書館に音源としても保管されているようです。その音源の録音は1956年11月と書いてあり、ちょうど昭和基地開設の2か月前なので間違いなくこの南極観測隊のために書かれたようです。作詞の酒井智恵子氏は恐らく一般の方であり、作詞家の勝承夫氏が補作されているようです。
多分この新聞も60年前の物であり、譜面の紙質の違いが分かるようにかなり変色していることが分かりますが、しっかりと記事内容は読み取れます。

このような記念の日にこういった記事を投稿出来た事は大変良かったと自分で勝手に喜んでおります。

服部正 作品ページの改善

譜面のご紹介ページを改善致しました。
従来はメニューから枝分かれしておりましたが、作品が多くなってくると選択リストが長蛇になりクリックしにくくなってきたため、「一般曲(戦前・戦中編)」「マンドリン(戦前・戦中編)」「戦後編」のそれぞれのページから該当曲へのリンクを貼るように致しました。
多少は見やすくなったのでは、と勝手に思っています。(?!)

同時にMIDIを使った音源も披露開始しました。
こちらはそのページにも記載した通り、手間がかかるので地道に少しずつご披露してまいります。

 

消滅してしまった会社の社歌、、、

新年早々におめでたくないお話をするのも、とは思いますがお付き合いください。

実は服部正は様々な会社・企業・組織から社歌、組織の歌等をかなり依頼されていました。
現在当資料館に残っている譜面だけでも120曲を超えており、今でもご愛顧頂いている企業も多く残っております。
その一方で企業そのものの存在が無くなってしまった物も少なくありません。中でも栄枯盛衰が激しい金融機関については、一時期飛ぶ鳥を落とす勢いで会社モラルの高揚のために作られた社歌を持ちながら「合併」「吸収」「破産」といった形で消えていった企業が目立ちます。
ここに紹介する譜面はその一例です。

「大和銀行」「扶桑相互銀行」、「玉塚證券」「江口證券」の社歌の譜面

大和銀行はりそなグループ、扶桑相互銀行は山陰合同銀行に吸収され、玉塚證券は新日本証券から新光証券、そして現在はみずほ証券というように、そもそもの証券会社がどうだったのかが全く分かりにくくなってしまっています。江口證券に至っては三洋証券に吸収合併されながら、三洋証券そのものが破綻し破産してしまいました。
ほとんどがバブル崩壊の影響です。

こういった社歌の譜面はお届けする事も出来ず、当資料館の譜面袋の中でただじっとしているだけです。せめてこの場だけでも陽の目を浴びられるようにした次第です。
こうやってみると、現在も服部正の作った社歌等をご愛顧頂いている企業に対しては本当に感謝の気持ちがいっぱいです。ありがとうございました。