埼玉県立秩父農工科学高等学校校歌自筆譜の寄贈

6月とはいえ少々暑い朝を迎え、埼玉県の秩父農工科学高等学校にお邪魔することにしました。西武線で秩父まで一気に行けるのですが、池袋に出るまでにラッシュに出くわし、ここでエネルギーを半分ぐらい費やしてしまいました、、、。
西武秩父駅にて副校長様にお迎え頂き、一路高等学校へ。
この高校はNHKニュースの関東地方のローカル話題提供で何回か拝見し、そのたびに「服部正の作った校歌を歌っていただいている学校が頑張っているな。」と感心していたので、本日お邪魔するのを楽しみにしていました。
校長様にもお目通りさせて頂き、まずは校歌の直筆譜面を寄贈、副校長、音楽の教諭の皆様も同席頂きました。
実はこの高等学校、校歌を作った時点(昭和44年)では「秩父農工高等学校」だったのですが、様々な学問領域に拡大したため「科学」の文字を校名に追加して今日に至っています。
校歌の歌詞は藤浦洸先生がお作り頂きましたが、その「科学」を歌詞に追加しても違和感がないので今日までこの校歌を歌い続けて頂いているとの事で、大変恐縮してしまいました。

 

その後副校長様に学内をご案内頂きましたが、やはり「農工科学」という分野なので教室等も実に特徴的で「旋盤」や「溶接」、「電子機器」「ロボット」から「自動車」まで工業にまつわる様々なアイテムが各教室に置かれており、また追加された「科学」の分野でも「調理」の教室では、生徒たちが一生懸命「調理実習」している現場も遠目から拝見出来ました。もちろんその調理で使う食材も「農」で培われた野菜や果物等をふんだんに使ったりしているので、徹底的な手作り料理を目の前に見る事ができ感動しました。
一番素晴らしいと思ったのはどの生徒の皆さんも、一生懸命授業を受けている時の眼差しが実にピュアであり、またご指導されている教師の皆様も明るく前向きな姿勢で生徒たちに取り組んでおり、これからの「モノづくり日本」の屋台骨を担う若きパワーが生き生きと育っていく現場を目の当たりにした事です。この学校の卒業生がこれからどんどん活躍してくれると、本当に頼もしい日本になっていくに違いありません。

これからも益々ご発展をお祈りするとともに、技術立国の日本を支えていく事を期待してやみません。そして末永く校歌も歌い続けて頂ければとても嬉しいです。
秩父農工科学高等学校の皆様、ありがとうございました。

「消滅した高校」の校歌、でも卒業生は覚えている?!

以前このページで合併吸収等で消滅した企業の社歌についていくつかご紹介しました。今回は「今は無き」高等学校の校歌をいくつかご紹介したいと思います。

服部正は夥しい校歌、社歌を作っていましたが、その大半が昭和30年代前後から昭和50年代にかけての高度成長期の時代でした。
今回ご紹介するのは次の4校です。

まず兵庫県立大屋高等学校です。
この高校は昭和24年(1949年)兵庫県立八鹿高等学校大屋分校(定時制課程農業科1学級)として開校し、昭和50年4月に大屋高等学校と改名、そして昭和58年に廃止され大屋分校に戻り、結局最終的に平成22年にこの「大屋校」は閉校という経緯で消滅してしまいましたが、まだ兵庫県立八鹿高等学校のHPには当時の校歌が掲載されております。
校歌の譜面の表紙には「50.3.17」と書かれており、恐らく昭和50年3月17日(何と服部正の誕生日!)に作曲されたようです。上記改名された時期と符合していますね。

次にご紹介するのは新潟県立新潟女子高等学校です。
この学校は1963年に設立され、1974年に男女共学となり新潟江南高等学校と改変され、それに合わせて校歌も改訂されたようです。
歌詞が何と「サトー・ハチロー」氏であり、当時とすれば女子高としても「洒落た」歌詞を求めて同氏に依頼されたのかもしれません。譜面等にも記載がありませんが、恐らく開校時期の1963年前後に作曲されたものと想定しております。

続いてご紹介するのは東京のど真ん中、上野にあった東京都立上野忍岡高等学校です。場所的に言うと入谷駅のそばで、どうも現在の下谷警察署のあたりだそうです。現在は浅草橋に「都立忍岡高等学校」として残っておりますが、その高校のHPでは当時の上野忍岡高等学校としての沿革等の記載があまり掲載されておりません。2008年に閉校したとの記載はありますが、そもそもの開校時期や合併等の時系列データがあまり明確に出ておりません。
保存されている校歌譜面もそこそこ古いので、やはり昭和30年代前半頃の作曲では、と思われます。

最後にご紹介するのは四国徳島県の鳴門工業高等学校です。
「おっ、その高校聞いたことがある」と思われる方も多いかもしれません。それもそのはず、2002年の春の選抜高校野球で「準優勝」に輝いた高校であり、同校の出身者でプロ野球で活躍された方もいらっしゃいます。(現野球解説者で元ロッテの「里崎選手」もご出身です)
服部正の作曲した校歌で全国放送で流れているのは現在では仙台育英高校が最も有名ですが、以前はこの鳴門工業も甲子園の常連組として大変頼もしい存在でした。
1962年に創設されましたが2012年に鳴門第一高等学校と合併して「鳴門渦潮高等学校」となり、あわせて校歌も改訂されました。旧校歌は創設時のものと考えられます。

どの学校も「少子高齢化」や「都市集中化」による生徒数の減少が、閉校や合併の大きな理由の一つと言われていますが、学校の校歌は会社の社歌と違って様々なイベントが在学中に定期的に行われる度に歌われるので、校歌を覚えていらっしゃるご卒業生、関係者の方々も少なくはないと思われます。
是非そういった関係の皆様も可能な限り思い出して頂けると幸いです。

自筆譜贈呈先が明確でないので、このページでまずはご紹介させて頂きました。

 

音楽家としての岐路に立った1936年自作リサイタル

2年前に当HPとして旧新響(現N響)と服部正の記事を載せました。
そこでも軽く触れましたが、1936年4月に服部正は自作リサイタルをこの旧新響の協力を得て開催致しました。
実はこのリサイタルがその後の服部正の作風を大きく変革させただけでなく、音楽家としての道を大きく変えてしまった事がこの2年間の分析で明確になりました。

まず、この日の演奏曲目をN響のHPから抜き出してきました。

読み取りにくいので再掲します。

1.「迦楼羅面」前奏曲(マンドリン作品よりオーケストラ編曲)
2.「シューベルティアーナ」(倉知緑郎作曲)
3.「微笑」 (ソプラノ:中村淑子)
4.「春と夏」(ソプラノ:中村淑子)
5.「旗に寄する三部作」(西風にひらめく旗、旗の子守歌、祭の旗)
6.「からたち」(テノール:太田黒養二)
7.「甃の上」 (テノール:太田黒養二)
8.「繪本街景色」(マンドリン作品よりオーケストラ編曲)(ソプラノ:中村淑子、ヴォーカル・フォア合唱団)

シューベルティアーナ以外はすべて服部正の自作ですが、この日のためにコンクールで2等を取った「西風にひらめく旗」に2曲を付け加えて三部作にした事、大がかりなマンドリン作品2曲をオーケストラ編曲した等、かなり気合を入れてこのリサイタルに臨んだのが事実です。

ところが服部正著の「広場に楽隊を鳴らそう」で、この演奏会の後にこのように思った事が書かれていました。

『今日のお客は、わたくしの個人的な関係で集まった人たちである。いわば「旦那の義太夫」を無理にきかされて、嫌な顔もできないというお客が、大部分である。もしこれが、まったくの「ふり」の客で、入場料をはらって、こういうものをきかされたら、どんな気持ちがするだろう。勿論、リサイタルというものは、個人芸の展覧会みたいなものであるから、そう面白いわけはない。しかし、それなら、わざわざこんなに大騒ぎをしてやる程の事もないではないか。これだけのことをするなら、もっとお客の喜ぶもの、楽しむものを書くべきである。』

結局この演奏会を最後に服部正は「リサイタル」を一切やる事がなくなり、そしてここに取り上げられた曲目についても服部正は積極的に世に出す事を辞めました。もちろんここに乗せられなかったそれまでの数多くの他の作品も以降の演奏会に取り上げられることが殆ど無くなってしまったのが実態です。コンクールで賞を取ったマンドリンの「叙情的組曲」、オーケストラの「西風にひらめく旗」も2度と耳にする事はなくなりました。
そして服部正の作風は一気に「明るく、分かりやすい楽しい音楽」へと変革していき、後のアンドレ・コステラネッツ氏との接点によりその作風が揺るぎないものになっていきました。

しかしながら、原曲がマンドリンであるためか「繪本街景色」と「迦楼羅面」はマンドリン演奏会で何回か取り上げられています。特に「迦楼羅面」は演奏者からの人気が比較的高く、実は服部正生前も慶應義塾マンドリンクラブの定期演奏会に是非やりたい、と当時現役の学生が提案したことが何回かあったようですが、服部正本人が上記の通り「自己否定をした作品」としての考えか気が進まず、結局本人指揮は2回実現しただけであったようで、あとは否決されました。

この8月に慶應義塾マンドリンクラブが200回定期演奏会をやることになり、OBである三田会マンドリンクラブがこの「迦楼羅面」を演奏する事になりましたが、こういった背景での演奏という事でお聞きになる方、演奏に参加される方もお感じ頂けると幸いです。

服部正の作品のコンサート等のご紹介(2018年度 第1報)

今年は服部正没後10年、生誕110年ですが、そういった意味も含めて演奏会で取り上げて頂く機会があり、現在分かっているものをご紹介いたします。

1.青葉マンドリン室内楽団 マンドリン・ジョイント・リサイタル

慶應義塾マンドリンクラブご出身である肝付兼美様率いる青葉マンドリン室内楽団にて下記の通り演奏会が催されますが、服部正の作品を中心にプログラムを組んで頂きました。
①5/31(木) 函館公演(七飯町文化スターホール 19:00~)
②6/2(土)  札幌公演(渡辺淳一文学館 15:00~)
③6/16(土) 東京公演(音楽の友ホール 14:30~)
曲目は「荒城の月を主題とする二つのマンドリンのための変奏曲」「海の少女」「二つのマンドリンとピアノのための協奏曲」等他多彩なプログラムとなっております。
問合せ先等は青葉マンドリン教室(http://www.aoba-mandolin.com/)にてお確かめください。本資料館でもチケット等ご要望があればお取次ぎ致しますので「お問合せ」よりご連絡下さい。

2.慶應義塾マンドリンクラブ第200回定期演奏会

毎年三田会マンドリンクラブが8月に定期演奏会をやっておりますが、今回は現役とのコラボ演奏会となり、ちょうど200回目の定期演奏会と重ね合わせて演奏する事になりました。(8月4日(土):東京オペラシティタケミツメモリアル)
三田会のステージにて服部正の「迦楼羅面」「イタリアン・ファンタジー」を演奏する予定になっております。これはまだ先になりますので、また6月以降に再度ご案内いたします。

3.その他

前回ご案内した「ひそねとまそたん」の第3回目がこの木曜日(4/26)に予定されており、そこで服部正作曲の「岐阜県民の歌」が数秒流されるとの事です。スタッフから第4回目にも流されることになったらしいとのご連絡を頂きました。
前回拝見いたしましたが、深夜12時にやるのはもったいないような素敵な番組で、どうしても深夜まで起きていられない方は是非ビデオ予約でもして頂ければと思います。(地上波デジタルなのでBS契約等なくても大丈夫です。)
詳しくは前回の投稿をご覧ください。

服部正作曲「岐阜県民の歌」がなんとアニメにも登場!

先日某大手エンターテインメント事業会社の方から連絡を頂き、現在企画推進中のアニメの中で少しだけ「岐阜県民の歌」を流すので了解を頂きたい、との連絡が突然入ってきました。
岐阜県さん側もご了解頂いているとの事なのでもちろん快諾しましたが、「アニメ」と「岐阜県民の歌」が何故繋がっているか当初は全くわからず興味津々でした。
どうもこのアニメの主人公の配属先が「航空自衛隊岐阜基地」という設定になっているらしく、その関係で「岐阜県民の歌」が浮上してきたようです。
そのアニメは「ひそねとまそたん」という番組で、4/12からTOKYO MX、BSフジ等で毎週木曜日の深夜24時に放映されるらしく、聞いている限りでは第3話にこの「岐阜県民の歌」が登場するらしいとの事です。

服部正は全国の自治体の歌もいくつか作っていますが、自治体同士の合併や様々な理由で存続している曲が少なくなっています。しかしながらこの「岐阜県民の歌」は今でもご愛用頂いているようで、JASRACの利用状況を見ても必ず毎回履歴が残っており大変ありがたい限りです。
ただ、残念ながら「自筆譜」が残ってなく作曲当時の「発表会」のパンフレット等が残っているだけなので、自筆譜贈呈のイベントが出来ず日頃のご愛顧の御礼のご挨拶も出来ていない状況で、大変恐縮しています。

県民の歌発表大会のパンフレット(1955年4月)

「アリチャン」「あひる陸戦隊」や「捨て猫トラちゃん」等戦前戦後のアニメの音楽を担当していた服部正の作品が奇しくも生誕110年の本年に現代の新しいアニメにほんの僅かでも登場するという事に大変びっくりしており、感謝している次第です。

皆様も是非ご覧になってはいかがでしょうか?

一応この「ひそねとまそたん」の公式HPにリンクを貼ってみましたので、ご参考までご覧ください。

服部正20代前半の写真発掘!

先日、残されていた書類の間に汚い茶色の紙が混ざっていました。それを取り出してみると、何と昭和3年~昭和7年の頃の服部正のスナップ写真が11枚貼り付けてありました。実に90年前の写真です。
自筆で「昭和×年、××才」と書いてあるのもありますが、どう考えても「昭和」と「歳」が正確に一致していないようにも考えられる部分もあり、状況を見る限り「昭和」記載の方が正しいようです。取り敢えず11枚全部ご紹介しましょう。

まず昭和3年と書かれた4枚です。

複数の人間が写っている写真は「眼鏡をかけた中央近辺にいる人間」を探してください。まだ若々しい大学生の風情が残っています。

次は昭和4年~6年にかけての4枚です。

少し上級生という風格が出てきたようです。集合写真は一番右端に佇んでいるのが服部正です。右端の昭和6年の卒業の年の写真は慶應の校舎をバックにしているので在学中のショットと思われます。

最後に昭和7年の3枚です。

この頃は卒業し会社も辞め、音楽家として必死に生き始めた時代であり、服部正としても何とかこの業界で活躍したいという気持ちが強く出ていた頃です。20代前半とはいえ多少「おっさん」ぽく写っているようにも見えますね。
左側2枚はともかく、人形と写っている右端の写真はいったい何を意図しているのか全く不明です(!?)。

まさにこれから音楽家になろうとしている過程の数年間の写真であり、撮影された時期が比較的明確になっているものとして貴重な写真と言えるかもしれません。

この写真は別途「画像集」にも後ほどアップ致します。

服部家のルーツ探訪(2)

前回の服部家のルーツ探訪にて、二代目廉平が財を成し「服部姓」を頂いた事をお話しました。
どれ位の成功かについても書状で服部正平が二代目の自宅の事について詳しく書かれています。
「記憶では間口が約十間、奥行き三十間、中庭があり離れの隠居亭があり、二十坪総二階の土蔵が二戸あって右には商品類、左には家具什器が収納されてあった。」
間口、奥行きで単純に算出すると約300坪、1,000㎡にもなり、地方都市ながらこれだけの規模の自宅兼店舗を構えるのはなかなか容易ではありません。
二代目廉平はこのように事業、商売では成功しましたが、残念ながら子供には恵まれませんでした。そこで廉平の妻の姪を養子として迎え、その婿に後を継がせる事にしましたが、ここでややこしくなるのが その婿(三代目)の名前も「廉平」と名乗っていました。

二代、三代の廉平の過去帳

この三代目「廉平」が実は服部家の命運を危うくした者で、二代目廉平と「月とスッポン」ほどの差が明確に出てしまいました。
財があるに任せて様々な事業を展開したもののことごとく失敗し、折角二代目が蓄えた財をほぼ失っただけでなく破産まで追い込まれた、との記述が書状に為されています。豪邸も三分の一程度まで縮小され、書状を記した服部正の父「服部正平」も何とか小学校は卒業したものの、上級学校に通わせるお金が無いため銀行の小僧に追いやられた、との事でした。(銀行は今でこそ就職でもレベルの高い金融機関ですが明治初期の頃はまだ仕事としてはそれほど高い評価を得てなかった業態と思われます。)

「三代目は会社を潰す」とはよく言われていますが、まさか自分の祖先が見事にそれに当たっていたとは驚きでした。

四代目となる服部正平はこの自分の境遇を自らの子孫に背負わせたくない、との気持ちが強かったため、こつこつと銀行員として働いて得たお金を遊興費等に一切使わず息子たちの教育のために貯めていました。
そこに生まれた五代目の「服部正」は、当初はテニスが好きな普通の子供で私立中学、大学に入ったまでは「服部正平」の思惑通りだったものの、ここで「音楽」との接点が非常に大きく育ってしまったために堅気のサラリーマンになりきれなかったのが、当時の服部正平としては計算違いで歯痒さを感じたかもしれません。

ここで過去のルーツをおさらいしますが、下記のようになります。

ご覧の通り、商売で成功した二代目「廉平」と三代目「廉平」の間で上図の点線の通り「血縁」(実線)が途切れてしまっています。(三代目の養子の「すう」は二代目廉平の妻の家系の姪にあたるため)
ここでもし二代目廉平に血のつながった子孫が家督を相続していたら、商売・実業の方に長けた家系となる可能性が高くなり「音楽家 服部正」が誕生していたかは疑問です。事業の失敗が一人の音楽家を生む事に繋がった、となるとそれはそれで「怪我の功名」とも言えるかもしれませんが。(これはあくまで「たら、れば」的な勝手な解釈ですが、、、)

祝!誕生日 服部家のルーツ探訪(1)

本日3月17日は服部正の誕生日です。
1908年生まれなのでちょうど110回目の誕生日を迎えました。

今回誕生日にちなみ、「服部家のルーツ」を探訪してみようと思います。
ちょっと歴史が好きな方にもお楽しみ頂けるようにと思っております。

まず、服部家のルーツを刻んでいる資料が、実は戦中の東京大空襲により焼失してしまった事が判明しており、その消失の経緯も含めた「服部家の祖先」について服部正の父「服部正平」が戦後に書き直した過去帳含め書状が見つかりました。
服部正平の直筆はかなり難読であり、判読不明の部分も多々ありますが、何となく前後関係等でつまびらかになったお話をご覧ください。


服部正平が復元した過去帳とそれに関する書状

服部家のルーツは、そもそも江戸時代に遡ります。
江戸時代初期、現三重県の伊賀地方で「柿原勘太郎」という白米商をしていた一族がおり、当時の有名な大名の「藤堂高虎」が徳川幕府より増封を受けた際に伊賀だけでは間に合わず伊勢の津に進出する事になり、その際に城下町を形成すべく伊賀国より大挙して津に移住した中にこの「勘太郎」も含まれていました。
その子孫に「傳八」という者がおり、それが分家して津の萬町に百姓向けの雑貨商を営む事になりました。当時は百姓向けの茶碗等を売っていたそうで「茶碗屋傳八」と呼ばれていたそうでした。この「傳八」が服部家のルーツにあたるそうです。というのも、この傳八の息子で二代目にあたる「廉平」がなかなかの商売上手で様々な事業を起こし米相場にも手を出し巨万の富を築き上げたそうで、時の11代津藩主藤堂高猷がどうしてもお金が必要になった時に所領内の富豪だけでは間に合わずこの廉平にも声がかかったそうです。そして「金子御用達」という看板、「苗字帯刀」を許され「服部」の名を頂戴したとの事です。
「服部」という名は伊賀上野地区に町名としてだけでなく、町を流れる川の名前も「服部川」として現在も残っており、伊賀地区のシンボル的名前の一つと言われています。
一方で歴代津藩主の系譜を見ると、この11代津藩主高猷の時(1860年前後)に津地方には「凶作」「地震」等の発生により一時期212万両とも言われる借金を藩として抱えていたそうであり、お金が必要になった背景、時期が符合しています。
ここで「服部家」が誕生した事になります。残念ながら当時は「歌舞音曲」の類は殆ど関係していなかったようです。
過去帳によると初代「傳八」の享年は文久3年(1863年)、二代「廉平」の享年は明治12年(1879年)でした。

次回はこの廉平の子孫(三代から五代目にあたる服部正まで)のお話を続けたいと思います。

服部正の居宅と地元貢献(東京 原宿)

服部正の父、服部正平は一時期渋谷区の「穏田」(現在の渋谷区神宮前)に住んでおり、服部正も最初の結婚をするまで同居していました。
2回目の結婚で服部冨士子との新居を、その穏田から近い原宿一丁目の戦後の区画整理で出来た小さな土地を購入、建築しました。
新築時の写真が見つかりましたが、外側からも分かる「螺旋階段」を有したかなり当時としてはハイカラな一戸建てでした。(本人も写っています!)
ただ、誰が建築デザインしたのかは不明です。

今でこそ「原宿」と言えば「そんなとこに一軒家があり人が住んでいるのか?」と思われるぐらい若者の街として大変繁栄している所ですが、この写真を見ても分かるとおり当時は「かなり素朴で周囲にも何もない街並み」で静かな所でした。すぐ近くには今は暗渠となっている渋谷川も流れていました。
結局1954年頃から亡くなる2008年まで50年以上ここに住み続けましたが、新築当時は青山や内幸町等の放送局、スタジオなどの場所への移動もかなり至便で多忙な服部正にとっては非常に良いロケーションでした。

長く住んでいると地元とのお付き合いもいろいろ出てきますが、実はこのような譜面が残っていました。

 

原宿警察署署歌と原宿少年少女合唱団団歌の譜面

まず原宿警察署の方は恐らく1960年代以降の作曲と思われます。当時の原宿警察署は今の副都心線の北参道駅の近くにありましたが、やはり時々不審者が自宅の前をうろつくような恐れもあったため原宿署にはそれなりにお世話になっていたと覚えています。(「お世話になった」のは決して「悪い事」の方ではないので念のため!)そこで署歌を作ろうという事で服部正が作ったと思われます。
また「原宿少年少女合唱団」は1979年に発足したとの事ですが、その時に団の歌を作っただけでなく、その合唱団の活動にもいろいろとお手伝いをしたと覚えています。写真が見つかり、これは原宿の教会で服部正が合唱団の指揮をしている場面ですが、こうやって地元の様々なところでも何らかの貢献をさせて頂いた事が分かります。

服部正の「序曲」へのこだわり【クラプロ】

青響でも広場でもグレースノーツでも服部正は演奏会に「序曲」を多用していましたが、あまねく広く曲目を演奏する、という事でもなく、結構こだわりがあったようです。
というのも古今の名序曲と呼ばれている曲目でもなかなか演奏しないもの、逆に「こんな曲あったの?」的な選曲をしていたようです。
有名なナンバーで服部正が好んで演奏していたのは「グリンカ『ルスランとリュドミラ』序曲」や以前ご紹介した「メンデルスゾーン『フィンガルの洞窟』序曲」でした。また意外と演奏されないのが「ベートーヴェン」や「ワーグナー」といったコテコテのドイツもの、「ヴェルディ」や「ウェーバー」といったロマン派オペラ多作の作曲家のナンバーがプログラムに載る機会はそれほど多くなかったようでした。
かわったところでは「チマローザ『秘密の結婚』序曲」、「エロール『ザンパ』序曲」で、これはマンドリン合奏版として慶應マンドリンクラブでもよく演奏していた事からもうかがえると思います。そして「グルック・『アウリスのイフィゲニア』序曲」はグレースノーツの演奏会で私も聞きましたが、結構良かった演奏でした。
実はこの作品、「ワーグナー編曲版」が一般的で様々な録音も残されているのですが、この時服部正は「モーツァルト編曲版」を使い、ここでもワーグナー色を避けた服部正のこだわりがあったように思えます。
服部正の所有していた古いスコアにもこの両方の編曲版の楽譜が収められていました。


グルック「アウリスのイフィゲニー」序曲スコア。恐らく戦前に入手と思われます。


左が「グレースノーツ」で使ったモーツァルト版、右は一般的のワーグナー版

やはりワーグナー版は比較的荘重な響きの音楽になっているのに対し、モーツァルト版は軽快で最後まで明るく終わる、といった服部正がいかにも好きそうなアレンジでした。聴かれるお客様になるべく良い気分になってもらおう、という気持ちが強かったのではと思われます。

このモーツァルト版なかなか現在録音が見つからないのですが、もし聴く機会が出来たら是非お聴きになってみて下さい。