「トン坊のセンチな歌」(ヤン坊復刻挑戦!)

トン坊は様々な場面で自分の気持ちを伝えるときに歌を歌う事が多く、このシリーズでもトン坊の歌が比較的多く残っています。
洪水で出会い助けたシカの子供がうるさいので周りから「追い出せ」と言われ、止む無く連れて行く時にトン坊が歌った曲です。
「センチ」という言葉は今やあまり使われてませんが「センチメンタル」から来ているので短調の悲しいメロディになっています。この歌を60年昔、若かれし黒柳徹子さんが歌っていたのでしょうね!

トン坊のセンチな歌表紙
トン坊のセンチな歌

歌詞
なきたくなると なみだがでるよ
なみだがほっぺた つたわるときに
なんだかちょっぴり あったかい
ああ、そうだ かあさんのおちちの あったかさ
おちちがくちへ ながれるときの あったかさ

トン坊のセンチな歌
館長
1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                     1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)        同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                  2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                  現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください