コンサート・リマインダー

先般ご案内いたしました慶応義塾マンドリンクラブ第200回定期演奏会がいよいよ今週の土曜日となりました。(8/4(土)14:30開演、東京オペラシティ(初台駅)タケミツメモリアル)

 

練習風景先日土・日曜日には台風来襲にもかかわらず練習に多数メンバーが駆け付け、最後の調整を致しました。

先にご案内した通り、服部正の異なる時期の2作品がここで演奏されます。一つは服部正23歳の作品「迦楼羅面」、そして50代後半の「イタリアン・ファンタジー」。
「迦楼羅面」は音楽家デビューの頃の野心的で初々しい作品、そして「イタリアン・ファンタジー」は底抜けに明るく楽しい作品ですので、是非ご来場の上お聞きいただければと思います。チケットはまだ入手可能ですので、お問合せにてご連絡頂ければ当日会場にてご用意しておきます。(当日券2000円 全席自由)

館長
1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                     1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)        同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                  2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                  現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください