南極観測隊の歌(昭和基地開設60周年にて)

60年前の今日(1月29日)南極大陸に日本の昭和基地が開設され、本日現地や関係の部署でセレモニーが開催されているようです。
実は以前譜面整理していたところ「南極観測隊の歌」というのが出てきました。
その時はそれほど印象に残っていなかったのですが、今日そのセレモニーのニュースがテレビで流れていたので思い出し、早速譜面を再確認しました。
比較的きれいな状態で残っていましたが、何とその最終ページに当時の新聞のこの曲に関する記事が貼り付けられていました。

どうもこの歌は当時朝日新聞社が歌詞を公募し、選ばれた歌詞に服部正が曲をつけた、という事のようです。
その新聞記事を一応拡大してみました。

この歌をネットで検索してみると、国立国会図書館に音源としても保管されているようです。その音源の録音は1956年11月と書いてあり、ちょうど昭和基地開設の2か月前なので間違いなくこの南極観測隊のために書かれたようです。作詞の酒井智恵子氏は恐らく一般の方であり、作詞家の勝承夫氏が補作されているようです。
多分この新聞も60年前の物であり、譜面の紙質の違いが分かるようにかなり変色していることが分かりますが、しっかりと記事内容は読み取れます。

このような記念の日にこういった記事を投稿出来た事は大変良かったと自分で勝手に喜んでおります。

館長

1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                    
1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)       
同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                 
2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                 
現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

2件のコメント

  1. 私は 66歳です。私が幼少のころ良く歌いました。というのは、家は朝日新聞社の 父が柏原市 国分支店を営んでいましたので覚えています。
    今、観測隊が行ってます。
    頑張ってもらいたい。
    自然、環境

    1. コメントありがとうございました。当時の事を覚えていらっしゃって、しかもその歌を歌って頂いていた方がいらっしゃる事は大変心強く思います。
      「地球温暖化」で南極の環境も日に日に悪くなっていくようにも思えますが、そんな中で観測隊の皆さんの地道な活躍に敬意を表し、これからも頑張って頂きたいと思います。
      館長 服部 賢

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です