服部正作品のコンサート紹介(第4報)

実は大事なコンサートがあった事を失念しておりました。関係者には深くお詫び申し上げます。

オルケストラ”プレットロ”東京という団体が長く活動しており、9月22日に第15回定期演奏会を開催されるはこびとなっております。
ここで服部正のマンドリン作品としては最長、最大の曲とも言われている「人魚姫」を演奏していただくことになっておりました。すでに次の土曜日ということなので、大変急で申し訳ございませんが、是非ご都合のつく方はご来場いただければ幸いです。
この「人魚姫」はアンデルセンの物語を題材にした歌唱付きマンドリン作品で、一連の服部正の「お姫様」シリーズのスタートとなった曲です。1955年の作曲で既に60年以上経って、しかもソプラノ、テノールのソリスト、そして混声合唱という大変大がかりな作品なのでなかなか演奏会に乗せて頂くのにご負担がかかるのですが、慶応義塾マンドリンクラブOBの方が様々な地域等でマンドリンアンサンブルを組織されていると、結構この曲を選曲していただく事が少なくないと思われます。大変光栄に存じます。

9月22日(土)14時開演
杉並公会堂(荻窪)大ホール

 

 

 

 

 

また、10月7日(日)に毎年恒例のALL KMCコンサートが第55回目の演奏会を迎える事になりました。いつもご紹介している通り、慶応義塾中等部から高校、大学だけでなくOBまで老若男女問わず参加する年1回の大イベントです。
ここでは服部正の純粋な作品は特に取り上げられませんが、OBの三田会のステージにて「リスト ハンガリー狂詩曲第2番」という有名な曲の服部正のマンドリン編曲版を演奏する予定にしております。
この演奏会のチケットは当資料館でもお取次ぎ致しますので「お問合せ」経由でご連絡頂ければチケットの確保をさせて頂きます。
ただ、この演奏会は極めて長い時間をかけそれぞれの学校が演奏するので、全部お聴きになるには時間、体力が必要ですのであらかじめご承知おき下さい。

10月7日(日)16時開演
すみだトリフォニーホール(錦糸町)大ホール

館長
1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                     1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)        同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                  2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                  現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください