関東大震災当日の服部正の日記

今週の9月1日は関東大震災が起こって93年になります。もうすぐ100年ですね。
大正12年は服部正がまだ15歳の頃でしたがその時の日記が残っており、この大地震の生々しい内容が書かれていました。

かなり悪筆なのとやや気が動転していたのか、なかなか判読できない部分もありますが、わかる限りご紹介します。

日記関東大震災当日01

今日は土曜で うんとテニスをしようと思ってたが、暴風雨でおぢゃん(おじゃん?)になった。ひるから行こうと昼めしをたべ終わると ガタガタ グラグラ ドンドン左右上下動。古今未曽有の大地震・・・ -中略- けがのないことを感謝する。

まだ服部正は音楽の虫になる前は毎日のようにテニスに明け暮れた生活をしていたことが残された数冊の日記から分かりましたが、この15歳の青少年にとってはさぞかしこの地震は驚いたことでしょう。
この日記の左ページは翌9月2日の記事ですが、「火事はもうもうと天地をこがし大東京をわがものにせんと、、、」と書かれており、この先数ページ(数日)にわたり地震後の混乱した実態が書かれていました。

5年前の東日本大震災でも大変な混乱を招きましたが、今年の熊本、昨今のイタリア等まだまだこういった惨事はとどまらず、首都直下地震の恐れもあるという今日、もう一度防災への備えも再認識しなくてはと思いを新たにしました。

館長
1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                     1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)        同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                  2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                  現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です