JR西日本岩徳線乗車記

 日立の笠戸工場に伺う際に、本来ならば「新幹線徳山駅」から山陽本線の下松駅に行くのが一般的ですが、小生は「鉄ちゃん」だけでなく未踏の「空港」にも興味を持っていたので「岩国空港」から「岩徳線」経由で伺う事にしました。
 岩国空港は米軍基地、自衛隊基地の端っこの方に民間機用のスペースを作ったような構図になっています。民間機が往来するたびに滑走路との接続ゲートを開け閉めする珍しい光景が見られます。
 岩徳線は岩国駅から1~2両編成のディーゼルカーで徳山に向って山沿いに進んでいくローカル線ですが、本線である山陽本線よりも徳山までの距離が短く、とはいいながら時間はたっぷりかかり本数も少ないので一気通貫で徳山に行く人で岩徳線を使う人はこういった鉄ちゃんしかいないのでは、と思います。
 本数が少ないので学校の下校時刻と重なると1本の列車に学生がすし詰め状態になり、とても景色を楽しむような雰囲気ではなくなってしまいます。
 岩国からしばらくは山間をゴトゴト走っていますが、徳山に近くなるにつれ平坦になり、山陽新幹線とも併走する区間があり、瀬戸内海がみえる頃山陽本線との合流駅「櫛ヶ浜駅」に着きました。たっぷり1時間以上の旅でしたが、山陽本線を使うと距離は長いものの10分程度短い時間で到着するようです。学校の登下校時間を避ければまったりとした旅が楽しめる岩徳線でした。

櫛ヶ浜駅での岩徳線列車。

 

館長
1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                     1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)        同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                  2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                  現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です