「トン坊のセンチな歌」(ヤン坊復刻挑戦!)

トン坊は様々な場面で自分の気持ちを伝えるときに歌を歌う事が多く、このシリーズでもトン坊の歌が比較的多く残っています。
洪水で出会い助けたシカの子供がうるさいので周りから「追い出せ」と言われ、止む無く連れて行く時にトン坊が歌った曲です。
「センチ」という言葉は今やあまり使われてませんが「センチメンタル」から来ているので短調の悲しいメロディになっています。この歌を60年昔、若かれし黒柳徹子さんが歌っていたのでしょうね!

トン坊のセンチな歌表紙
トン坊のセンチな歌

歌詞
なきたくなると なみだがでるよ
なみだがほっぺた つたわるときに
なんだかちょっぴり あったかい
ああ、そうだ かあさんのおちちの あったかさ
おちちがくちへ ながれるときの あったかさ

トン坊のセンチな歌
館長
1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                     1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)        同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                  2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                  現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

2件のコメント

  1. ビクターレコードBS-12(45回転、EP)にまとまって収録発売されていました。
    発売1954年?(確かうちにSP盤、規格番号B-も買ってあったように思います)
    歌唱は古賀さと子、ヤン坊ニン坊トン坊となています。
    ヤン坊ニン坊トン坊の歌
    つばめさんの歌
    クルミの歌
    出発の歌
    トン坊のセンチな歌
    子守唄
    ビクターは音源の管理が悪いのか、音源の行方不明か復刻されない曲が多いです。

    ソニー坊やの歌の作曲もありますが、出てきませんが
    https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b463715887
    これはソニーのテープレコーダーを買って愛用者カードを返送すると、送ってもらえた
    録音テープに付属していた歌詞カードです。

    1. 様々な情報をお寄せ頂きありがとうございます。
      「ヤン坊ニン坊トン坊」が放映されていた時代はSPレコードも現役の時代であり、そもそも磁気テープすら駆け出しの頃なのでまさに日本のこういった技術の黎明期にあたりますね。戦後の復興に向け当時は放送業界もレコード業界もあの手この手でいろいろなPRをされており、お蔭様で服部正も忙しい毎日を暮らしていたと思われます。
      しかしながら今こうやってその当時の物を保管頂いていたり、思い出していただく方がいらっしゃる事にも大変ありがたく感じております。
      思い出含めぜひ大事に残され後世にお伝えいただければ大変嬉しく思います。
      ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください