初期ピアノ曲と菅原明朗先生

プレリュード(前奏曲) I

先日友人からSNSで連絡を頂き、「服部正の初期の作品がYouTubeに載っている」との情報を得ました。
この資料館でもご紹介した「ピアノの為の前奏曲」であり、見事に音が再現されております。(それも1番だけでなく2番まで。)
(YouTube 前奏曲)
一度当館でもMIDIでの音源再現を試みましたが、ピアノ曲の演奏のITでの再現は微妙なタッチ感、強弱、テンポの揺らし方等相当困難を極め、諦めて譜面だけの掲載としました。こうやってアップしていただいたのは非常に光栄であり感謝しております。(名大作曲同好会、榊山大亮氏によるアップ)

聞いてみると日本的な「和」の響きの中にも何となくドビュッシーやフォーレのフランス近代音楽っぽい響きにも聞こえますが、これは恐らく当時唯一の「師」として信望していた菅原明朗先生の影響が強いのではと思われます。
菅原先生は当時の日本としては珍しくクラシック音楽でも「フランス音楽」を積極的に紹介し、弟子の音楽家たちにも夜遅くまでフランス音楽の話をしていた、と「広場で楽隊を鳴らそう」という服部正の自叙伝に書かれておりました。

菅原明朗先生 白鳳之歌ご案内

服部正も一時菅原先生の影響を受け、フォーレ、ドビュッシーだけでなく様々な作品の譜面をかき集めていました。このプレリュードが書かれた年は1932年頃で、なんとまだフランスの大作曲家「ラヴェル」が生きていた頃であり、以前ご紹介した「マリピエロ」や「オネゲル」といった当時の現代音楽のスコアも入手しておりました。

先日その菅原先生のご親族の方からご連絡を頂き、菅原明朗先生作曲のピアノ曲の譜面のご紹介を頂きました。ここにそのご紹介をさせていただきます。
(宮崎県のHIBIKI Music Supplyでお取り扱いとの事であり、もしご興味がおありの方はお問合せ下さい。)

館長
1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                     1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)        同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                  2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                  現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください