8月2日は服部正の命日でした

服部正の墓〔多磨霊園〕
(マリア像は妻冨士子がクリスチャンであったため設置)

2008年8月2日、服部正は100歳の天寿を全うしました。
思い返すとその時もとても暑かった日でした。

そして今年はちょうど一回りした12年目(ねずみ年)になります。
晩年10年以上は闘病状態で自宅療養を続けておりました。
「音楽」とともに「人」が好きな性格で、慶應義塾マンドリンクラブのOB,現役たちや音楽仲間、様々な業界でお付き合いする人とおしゃべりする事がとても楽しく過ごしていたものの、自宅ベッドからの転落による骨折を機に闘病生活が始まり、人とも会えない日が長く続きました。妻の長年の看病のもと100歳を迎えた年に息を引き取りました。

ここに来て最近当資料館には戦前戦後での楽曲、楽団等のお問い合わせがいくつか来訪したり、SNSでも昔を懐かしんで頂くような投稿もございました。まだこうやって服部正の事を話題にしていただいている事自体に遺族としては大変ありがたく、恐縮に感じております。
お問合せに関するやり取り等でも心温まるお話が多く、いずれ可能な限り資料館としてご紹介していきたいと存じます。

命日にあたりお暑い中ご墓参いただきました方、様々なコメントやご紹介をSNS上でしていただきました皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

引き続き当資料館をよろしくお願い申し上げます。

館長 服部 賢

館長
1955年 服部正の長男として東京で生まれた。                     1978年 慶応義塾大学卒業(高校よりマンドリンクラブにてフルート担当)        同年    某大手電機メーカーに入社(営業業務担当)                  2015年 某大手電機メーカーグループ会社を定年退職                  現在 当館館長として「服部正」普及活動従事       

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください